覚醒ちびユニ評価まとめ

*2022/05/15 ヘカティエの項とおまけ追記

第一回人気闘兵決定戦よりラピス・金光聖菩・スーシェン・オーガスタ・ルフレ・フーロン・ヘカティエとちび化されてきた。人気闘兵期間中に(一部除き)それぞれ虹水晶300で交換可能。
※執筆時点の第七回人気闘兵中はルフレ・フーロン交換不可。

まったく個人的事情で恐縮だが、ちびユニ配布後の緊急ミッション等が『それを使わないと難しい』難易度に調整される傾向を歓迎できない。
だからというわけでもないがちびユニについてはユニットページを作らず当記事へざっくり評価を一括する。

ちびラピス

デモンサモナーの敵数不問かつ貫通の強みにスキルの強化射程内攻撃バフ。強い。
弱点は本人のもろさと再スキルの遅さ。それぞれ自前デーモントークンとCT短縮である程度カバー可能。
本体のデーモン強化もありトークンが意外と火力になる。しかし魔法避雷針運用が定番。

ちび金光聖菩

ケラウノス王子風・短持続広範囲5体攻撃スキルが特徴。分身トークンの出撃数に比例して攻撃強化がくわわる。強い。
トークン管理がめんどくさい。ルフレよりはマシだが……。
0ブロックで地上敵をスルーできる気安さは○。少ないリソースで大きく利を得たい新規王子にいいかも。

ちびスーシェン

長射程3体マルチ貫通と12秒範囲時止め(最大3回)。強い。必ず確保。
2回目スキルが永続で手がかからない。
12秒もの長時間止められるのは他にメルヴィナのみ、こちらは最大36秒も時間が稼げる。それだけあれば大体の敵に勝てる、脳死ここに極まれる異能。
他ちびユニはオリジナルが居れば不要だが彼女だけは(停止のために)取る意義あり。もはや脳死どころか悪行じみたプレイになる。

ちびオーガスタ

鳴り物入りで実装され即ちび化した料理人。必ず確保。
パラメータ上貧弱だが自身の料理人特性・近接強化(最終値 HP+3,000 攻防+1,500)で十分なチカラを得る。得たあとは状態異常無効も重宝。
昨今の高難易度ミッションで最も使用率の高いちびユニ。GG(ゴールドゲット!)など普段使いの相性も◎。

ちびルフレ

3体マルチ貫通範囲鈍足というデタラメな攻撃かつスキルでトークンの無敵時間を得られるエレメンタラー。ターゲットは白に染まる。
運用のめんどくささナンバーワン。正直使いたくない。使いたくないがちび金光聖菩で述べたのと同じ理由で新規王子向きではある。
スキル中は何でも止められる、と思いきや麻痺には勝てない。リアナローズで対策。

ちびフーロン

再キョンシー。単体攻撃だが敵を倒すほどに強くなる。最大で攻撃力2倍。スキルでさらに攻防2倍、最終的に4倍攻撃。バフ盛り効果がすさまじい。
ブロックした敵への攻撃で割合回復が発生するものの、自身の遠距離攻撃といまいち噛み合わない。またHPはそこまで高くなく、魔法や貫通にあっさりやられてしまうことも。
結局後方から支援が無難……そうなるとちびスーシェンの3体攻撃のがよろしいのでは? という向きもある。こちらは単騎強敵向き。バフ盛り次第でいかようにも化けるのと、回復量との折り合いがつけばどんな敵でもタイマンで倒せる……おそらくデイウォーカーの方が安定。
回復や敵撃破時強化にユニットリソースを割きすぎた感あり、先にスーシェンを体験してしまうと使い勝手が少々不足。

ちびヘカティエ

アージェ風の非攻撃時の時間経過で攻撃力強化されてゆく短射程メイジ。出撃マス移動可能、スキル中は隠密がつき射程の短さも補われる。強い。
攻撃挙動がメイジ(範囲魔法)なだけで、下限で出撃コスト8、攻撃速度もこちらが上回る。アージェよりはかなり遅いため、攻撃し続けても攻撃力微増。オーガスタ同様、オリジナル実装からちび化までの早さが強さを物語る。
最大700%の攻撃力強化とマス移動、スキル中隠密で縦横無尽に暴虐の限りを尽くせる。性能をフルに活かそうとすると少々手はかかるものの他ではなかなか出来ない仕事を担える。
オートスキル放置でも雑に強い。非スキル時の短射程が評価の分かれ目。

誰から取るか

 オーガスタ > スーシェン > ルフレ > ヘカティエ > ラピス ≧ 金光聖菩 > フーロン

こんな優先順位だろうか。 ※個人差があります

新規王子が虹水晶300用立てられるのか、甚だ疑問ではあるがオーガスタだけでも交換をすすめる。
タオパオがいればラピスの活躍がより期待できる、など手持ち次第な部分も。
操作が手間でも構わないなら、総合力高く英傑の塔スコアも狙いやすいルフレにするといい……が今回(2021/09)は交換不可。


おまけ

人気闘兵イベユニ獲得優先順位

イリオス > ジゼル >>> [超えられない壁] >>> タチバナ > メアリヴァネッサ > ソニア > サオシュ > シュシュ

圧倒的イリオス。
ヴァネッサ・タチバナ・メアリは黒レアなりにいいものをもらっている。
ソニアは強力全体リジェネと射程内防御バフがセールスポイント。平時挙動の差もあり単純な比較はできないが、今となってはシンディで良い気も。
サオシュは防御無視高火力を出せる短期差し込み要員として需要がなくもない。主な出番が中盤以降なので、高めコストは魔界深層でもない限り気にせず済む。
モルテナですら魔物使いに力不足を感じる昨今の難易度において、シュシュの活躍は少々難しい……元々難しかった。実装当時から本人の活躍よりはモルテナの添え物としての存在感があったことは否めない。

・推しのふたり
DPSの高さ、似たような他ユニットの少なさ、バフ盛らんでも強い が共通して挙げられる。
*DPS: 時間あたりの火力

イリオスは後衛戦術家系でCT短縮向きに普段使いも可能。単騎で攻撃力3,000(覚醒スキル最大強化時)を3連射可能と戦闘面でも知恵役にあるまじき火力を発揮。それを下限コスト9で実現する点も重要ポイント。

ジゼルは段階スキルの最終形(3回目以降)で、カタログスペックだけでも攻撃力4,000超の貫通範囲攻撃を速射可能。ただし重コストでイリオスほどの気楽さがない決戦兵器的存在。

詳しい話は各ユニットページに譲るが、この2体だけはぜひとも押さえておきたい。

コメント