帝国天馬騎士イザベル


rader chart

HP 攻撃 防御 攻撃速度 射程 魔法耐性 ブロック数 コスト 育成優先
D B
(A~B+)
<A+>
C
<B>
B F
(E)
<E>
20 1
(0)
<0>
D S

ブロック数以外F~Sの7段階評価 ※第二覚醒完全成長時
()はスキル時、<>は覚醒スキル時の評価

関連緊急ミッション:帝国の天馬騎士(デイリー復刻)
絵師:クマトラ(敬称略)

雑感

帝国勢力の台頭からほどなく王子軍に引き抜かれたペガサスライダー。
ペガサスライダーは敵撃破時にコストが回復するワルキューレ同様の特性を備えつつ、スキル時飛行してブロック0となり周囲の敵をすべて攻撃する。攻撃範囲は狭いものの火力支援役としては絶大なる存在。

使いどころ

ペガサスの象徴的な用例として、大討伐序盤のコスト稼ぎが挙げられる。大討伐に限らずの運用法だが敵の頭数が多い大討伐においては特に有効なコスト役となる。
昨今では料理人バフ対象としても有力候補。第二覚醒後の対空力は同クラスのステラや英傑以外に及ぶもの少ない。

通常ミッションにおいてはイザベルでは抱えられない強敵をスルー、後衛の抱えた強敵を後続敵もろともスキルで切り刻む。ゴーレムのように極度に固い敵に対してはエンチャント抜きでは高い効果を得られず、範囲攻撃敵相手ではヒーラー負担が激しくなる点、後衛ブロッカーとイザベルとの間隔が広いと攻撃が届かない点に注意。

スキル【イカロスウイング】は初回使用時、最大35秒間攻撃力1.3倍、空を飛び0ブロック化、周囲の敵すべてを攻撃する。1ミッション中に3回まで使用可能、使うごとに攻撃力倍率が0.1ダウン。

覚醒スキル【ダイダロスウイング】は40秒攻撃力1.4倍、使用回数制限がなくなり次回スキルが【ウイングチャージ】に変化、羽休めをしたあと再び飛翔可能となる。
しばらく定位置に居座るタフな強敵を屠る目的の場合、覚醒スキルの回転率の悪さが影響してイカロスウイングの方が効率よく叩ける、といった状況も考えられるが――

 初回スキル終了までの所要時間
イカロスウイング: 初動10秒+スキル持続35秒=45秒
ダイダロスウイング:初動5秒+スキル持続40秒=45秒

 2回目スキル開始までの所要時間
イカロスウイング: 再動20秒のみ
ダイダロスウイング:再動10秒+ウイングチャージ持続10秒+再動10秒=30秒

調整により実質30秒で再動可能、イカロスウイングとの回転差が縮まった。バトルステラテジストでCT-45%した再動はイカロスウイング11秒、ダイダロスウイング5.5 × 3 = 16.5秒で以前ほどの回転差は無い。
コスト対策のため1度スキルを使ったあとは撤退、という用法なら持続時間と倍率に優れる覚醒スキルが断然有利。2回目も狙うのならイカロスウイングが手っ取り早いが倍率低下もあるので各王子の戦闘スタイルに合わせたチョイスを。

覚醒アビリティは【蒼天の追風】。ペガサスライダー系とグリフィンライダー系ユニットの攻撃力に7%の編成バフがつく。
自己バフとして充分優秀、他のペガサスやグリフィンも同時出撃するとより効果的……なのだが大討伐で複数ペガサス出したり、出撃ユニットが騎乗クラスに限定でもされぬ限り相乗効果は見込めない。

第二覚醒先はスカイキャバリア。スキル攻撃範囲1.2倍、飛行特攻2倍がつく。高耐久な黒フライデーモンなども通り道を飛べばザクザク倒してくれる。飛行グレーターデーモン・フェネクス・グラシャラボラス第二形態など空飛ぶ大物へのダメージソースとして期待大。

好感度150%ボーナスはHP360。脆いわりに前へ出ざるを得ないクラスゆえ上げておきたい。

交流クエスト


低コストバトルマップ(コスト自然回復有)の3色ゴブリンラッシュ。スキルで稼いだコストでメイジ出せばOK. 育ててから行けばイザベルだけで終わる。

コメント