オークの英雄アナトリア


rader chart

HP 攻撃 防御 攻撃速度 射程 魔法耐性 ブロック数 コスト 育成優先
A B
<S>
C C~S F 0 1 E A

ブロック数以外F~Sの7段階評価 ※第一覚醒完全成長時
<>は覚醒スキル時の評価

関連緊急ミッション:王者達のバトルロイヤル
絵師:23(敬称略)

雑感

緊急ミッション『王者達のバトルロイヤル』で入手可能なグラディエーター。スキル中HPが0にならないという黒レアカルマに似た脳死能力を有する。

カルマと違いヒール可能だがHP減少で攻撃速度上昇するクラス特性を活かすにはヒールが届かぬほうが良い。
スキル覚醒で飛躍的に火力アップ。逆に未覚醒段階ではいかんせん火力に繋がらない。育成度合いに関わらず有用ではありつつも案外晩成型のユニット。

使いどころ

カルマ同様の足止め運用に留まらずタイマンユニットとして使える。
スキル中限定生存前提でヒールを吸うポジションに置くと、他を支え切れず戦線崩壊の危険あり。クラス特性的にも満足な回復を得られる場所に配置すべきではない。

スキル【不屈の闘志】は最大10秒HPが0にならない。スキル終了後に麻痺する。
申し分ない効果……なのだが攻撃力補正はなく、高防御相手ではカルマの火力に負ける。

覚醒スキル【不滅の闘魂】は12秒攻撃力2.0倍、敵の遠距離攻撃を自身に引きつけHPが0にならない。スキル終了後麻痺する。
攻撃倍率に遠距離攻撃寄せと追加効果が多い。固い相手にはエンチャンター併用で圧倒的火力を発揮。オリハルコンゴーレムなどピーキーな相手と戦う際に重宝するほか、贅沢な用途であるが無敵の避雷針としても機能。
カルマと比べてスキル時間が若干短い。一方、物理が通る相手ならカルマ以上のダメージソースとして期待できる。

覚醒前アビリティは【魔界適応】。魔界の能力減少を受けず、瘴気の強い深層においては能力アップ。
覚醒後アビリティは【ヒロイックオーク】。オーク・ゴブリン属性のユニットへ攻防12%の編成バフ追加。
ドゥーラベストラと組ませることで高い効果を発揮。しかしベストラはともかくドゥーラも同時出撃はコスト的に厳しいかもしれない。

好感度150%ボーナスは攻撃力+84。かなり上げておきたい類だが汎用性の高いユニットではないため他に候補がいればそちらが先でも良い。

以下未覚醒アナトリアでハイオークとやり合うシーン。参考までに。

小ネタ:未覚醒カンストアナトリアvsハイオーク【千年戦争アイギス】

第二覚醒

・オークブレイバー
攻撃発生までの時間を常に短縮、HP50%以下から攻撃後の隙がなくなる速度に優れた派生。オーク属性ユニットへ攻撃力10%の配置バフもつく。
パラメータは攻防耐すべてにおいてこちらがよく伸びる。オークバフが欲しかったりDPS優先なら一見こちらだが……

・オンスロート
スキル効果時間+30%、スキル中攻撃力1.4倍。パラメータは攻撃力とHPが微増。
無敵時間こそが大事なユニットであるから基本はこちら。速度で後れを取ってもスキル中攻撃倍率によりそう火力差はつかない。敵耐性次第ではこちらのが優勢まである。あとこちらのが立ち絵が気持ち美麗である。(個人の感想)

交流クエスト

闘技場覇者の真骨頂【千年戦争アイギス ケラ王子】

左下出現の牛頭の魔物本体を早期に倒さないと分身がゴールする。

コメント