聖樹の魔剣士マリレーヌ


rader chart

HP 攻撃 防御 攻撃速度 射程 魔法耐性 ブロック数 コスト 育成優先
E B
(A)
<A>
C B D
(B)
40 1 D C

魔法耐性・ブロック数以外F~Sの7段階評価 ※第二覚醒完全成長時
()はスキル時、<>は覚醒スキル時の評価

関連緊急ミッション:世界の架け橋を求めて
絵師:Lunacle(敬称略)

雑感

シャルロット以来となる2人目の牧場産白レア魔法剣士。

・近接クラス【魔法剣士】
50%の攻撃力で遠距離攻撃(射程200)。飛び道具を無効化されない。敵の防御力を無視できる。育成段階に応じて遠距離攻撃の弱化割合が減る。
単体攻撃で比較的高DPSの魔法職。耐久面が貧弱で前に出るのは無謀。後方からの火力支援が基本運用。

種族:エルフにより魔法耐性ほか高めの攻防を持つ反面、これまたエルフゆえの低HP。しかし元々脆いクラスであるから後方支援と割り切ればそこまで気にせず済む。
地力の高さでバフ効果も高い。二覚メイジと連携するといい。エルフPTを組む王子なら更に盛れる。

使いどころ

少数の魔法敵を相手するようなマップが向いている。魔法相手なら前線へ突出もできなくはない。
スキルで回復サポートもこなす。こっちがメインになるかも?

スキル【世界樹の恵み】は最大35秒攻撃力1.4倍、射程1.3倍。範囲内の味方のHPが徐々に回復(毎秒40)。
やや低倍率で攻撃射程とも上がるエクセレントなスキル。持続がそうでもないかわり射程内リジェネつき。火力で働きつつ、範囲/同時攻撃、DoTなどに晒される場面の回復需要を補うのに適する。

覚醒スキル【守護者の誓い】は最大HPが20%減少するが、永続的に攻撃力1.2倍、魔法耐性+20。次回通常スキルに変化。
初回限定の永続強化スキル。二覚込みで持続スキルに頼らず常時魔法耐性60は用途がありそうだが率先して避雷針に立つにはHPが頼りない。巻き込まれダメージの緩和程度だろうか。
バフをがんばれば魔法耐性限界値90にできる。麻痺しても90維持できるのは貴重、かもしれない。

魔法耐性+30バフ例:花嫁ファルネププル編成 カグラ(ビジョナリー)・カリン配置
※ファルネは女性、ププルはエルフ/ドワーフのみ対象
編成4枠 出撃2枠も使うことを考えると微妙

覚醒アビリティは【オートヒール】。自身のHPが徐々に回復(毎秒40)。
ほどほどの戦場ならスタンドアロンな働きが可能。毒など継続ダメージを受ける環境にも強い。

第二覚醒先はルーンスレイヤー。魔法耐性+25、遠距離攻撃割合80%に上昇。ルーンデルヴァーと比べて射程以外のすべてのパラメータ上昇に秀でた派生。
射程が伸びないぶん魔法耐性を活かしたいところだが……ご安全に。

好感度150%ボーナスは防御力+72。基本的には不要、もし前に出すなら上げておこう。

フィナンとの比較
同じく近接魔法職でイベユニ屈指の魔法耐性を誇るフィナンとは重なる部分が多い。
多くの場合において攻防ともバランスよく集団相手も得意なフィナンのが上位。はっきり言ってしまえば、フィナンが居ればマリレーヌを使うことはないかもしれない。
魔法耐性でフィナンを起用することは少なくあるまいが、麻痺でスキルが切れると耐性火力とも途端に弱まる。リアナローズなどでカバーできない時は出番がある……かも。
コスト面の差で、英傑の塔や、急を要する高難易度ミッションへのマリレーヌ起用もなくはない。

コメント