妖狐 堕姫


rader chart

HP 攻撃 防御 攻撃速度 射程 魔法耐性 ブロック数 コスト 育成優先
C
(B)
<S>
B
(A)
<A+>
C
(B)
<A>
C F 5 2 B B

魔法耐性・ブロック数以外F~Sの7段階評価 ※第二覚醒完全成長時
()はスキル時、<>は覚醒スキル時の評価

関連緊急ミッション:傾国の妖狐と誘惑されし王子
絵師:ましま(敬称略)

雑感

イベント産ポンコツ妖狐。封神〇戯のキャライメージとは著しく異なる。
妖狐は軽量な2ブロック近接でサムライ同様ブロックした敵すべてを攻撃可能、さらに50%の物理回避と、攻撃ごとに最大HPに応じた割合回復(未覚醒~第一覚醒時2%)を持つ。ただし全体的に地力が弱い。妖怪バフの恩恵を受けられる。
直接戦力ではなく、覚醒後の配置バフが存在意義の多くを占める。
覚醒スキル中に限りそこそこの戦闘力を発揮。強敵向きにこちらを採用するとスキル切れ後のバフ保持が困難になるケースも考えられる。運用方針次第で慣れを要するユニット。

使いどころ

バフ優先なら拠点前で留守番、戦闘もがんばるなら前線へ。

スキル【魅惑の瞳】は最大25秒HP/攻撃/防御が2.0倍、人間系の敵を短時間停止。
HPと攻撃はそれなりに伸び、防御は王子バフ込みでやっと1,000そこそこ。あまりに無茶な相手を抱えなければ良い働きをしてくれる。停止効果は演習ミッションで役立つかもしれない。

覚醒スキル【宝貝解放】は20秒HP/攻撃/防御が3.0倍、発動時に味方男性ユニットの現在HPが50%減少。人間系への短時間停止も健在。
HP9,000近く、王子と自身の配置バフ含めると攻撃2,600防御1,600を超え自己回復も可能、コスト下限11で出せるユニットとしては脅威の戦闘力。これだけやれる子を後ろで遊ばせておくのはもったいないのだが……大物狩りは難しいのがもどかしい。

覚醒アビリティは【酒池肉林】。堕姫配置中に全ユニット出撃コスト+2・男性ユニット攻撃力-5%・女性ユニット攻撃力+10%。
王子が強くなり用途の広がった今、男性の弱体化は大問題……であったが2018/10のユニット調整でデバフが10%から5%に緩和された。気になるときは王子スキル使用後に堕姫出撃、王子スキル再使用前に撤退など考えてやるべき。

第二覚醒先は妖狐絢爛。攻撃ごとに回復が最大HPの3%に上昇、配置中妖怪属性のスキル再使用時間を50%短縮。能力上昇は守り寄り。
アビリティと相まって妖怪編成の支援力が高まる。しかしここまで育て覚醒スキル中であっても自身の戦闘力が少々不安な数値なのは回避や同時攻撃持ちゆえか。

好感度150%ボーナスは防御+72。支援に徹するなら不要、前線へ出すなら上げておこう。

コメント