武神降臨! 山県昌景 普&難

武神降臨!山県昌景(2018/09) 
・気の自然回復量が低下(中)
・平城の耐久,攻撃,防御が1.2倍/巨大化消費気軽減

 普通:


 難しい:

 推奨イベユニ:
・有岡城
・古河城

 強敵:
・山県昌景

 対策:
・停止系能力
・トークン
・アイアンリングやダメージ軽減計略

武神化した山県昌景との決戦。

強力な赤備えの兜・妖怪の連携が殿の首級を狙う。
今回初登場する、金馬に乗った赤備え古桃形騎馬の突破力が脅威。せっかく昌景を倒しても騎馬に討たれる、といった無念が少なくない。

殿は右上布陣。敵は最短移動距離の右下と、昌景陣取る左下側の3本道から出現。
左中央からの敵はまっすぐ殿へ向かわず、上を経由し殿そばへの奇襲ルートに入る。このルートで攻め込む敵は多くないが終盤殿を守り切れないおそれあり対策が必要。

1Wave

早々に殿討ち死にの元となるのが左の騎馬・右の牛鬼。
左右とも当面安全な遠隔枠があるのを活かし、左は3Waveから現れる毛虫対策も兼ねて弓を居座らせる。飛行特攻が要らないほど強ければ弓以外の武器種でも。
右には歌舞か防御無視攻撃で牛鬼撃破。使用武器や編成次第ではあるが終盤まで居座ってもよい。ここが歌舞だとバフ範囲が狭くなる。

このあたりの難敵をものともしない戦力なら殿周辺の防備を固めるだけで良いし、昌景撃破に乗り出すのもいいだろう。。

2Wave

開幕の左騎馬が残ってると上の奇襲ルートから攻め込まれる。
5体一斉攻撃ではなく1・2・2の波状攻撃ゆえ十分な火力が届いていれば殿到達前の撃破も難しくはない。ともあれ事前に倒してしまえば苦心することもなくなる。
右の牛鬼も生き残ってると攻めてくる……が、こちらは移動遅く対妖怪定番の歌舞・法術・杖・鈴で倒しきれるはず。

3Waveにまたいで黒母衣兜が2体。2体目に先んじてWave終盤に大量の鉄砲がやってくる。遠隔攻撃が吸われてしまうので近接に被弾を任せつ倒す、または鈴・ダメージ計略で一掃。前者の場合、巨大化回復を挟まないとやられてしまう。コスト運用に注意。

3Wave

赤桃形騎馬と牛鬼があらわれ殿への到達率アップ。左に毛虫が2体。
2体目の牛鬼前後から輪入道・赤トッパイの数が多い。火力に反比例してダメージ増、殿前T字路へ盾を置くとその傾向がさらに顕著。遠隔強化にかまけてコスト不足で近接回復できず事故らぬように。

4Wave

毛虫が三方から中央やや左下へ集合、Wave終盤に一斉侵攻。
すべてを殿側で安全に迎え撃つのは難しい。相応の火力を準備したうえで停止計略などを併用すること。あるいは弓で待機中を叩く。

Wave中盤、左下から金騎馬が1体まっすぐ殿へ。
単騎で高耐久なところ、殿前足止め型の配置では赤トッパイと重なってより倒しづらくなる。攻撃力も相当高いため、攻撃強化で迅速撃破・停止計略で猶予期間を設けるなどして被弾回避を。
続いて一斉にやってくる赤騎馬4体にも殿到達されやすい。4体ともにダメージ計略をお見舞いしておくと処理にゆとりが出る。

5Wave

開幕に金騎馬2体が突撃してくる。盾や計略で止める間に高火力で倒すべきだが盾でも2体からの被弾は大変厳しい。コスト的に停止計略を推奨。
さらに前Wave終盤から集まっていた天狗が列をなして侵攻。遠隔がやられる前に倒すか近接を避雷針としよう。ここまで来ればもはや手こずる相手でもない。

右側を黒母衣と古桃形、左奇襲ルートを輪入道が行くなか昌景移動開始、最短距離で殿へ向かう。昌景については後述。

右から古桃形→トッパイ→騎馬→金騎馬と続き、左は輪入道のしんがりに牛鬼。右の物量には範囲攻撃、左は歌舞と法術で対応しよう。
右側ラストの騎馬軍団……赤騎馬3と金騎馬2がそれぞれ2度の襲撃は、昌景撃破を水泡に帰すに充分な脅威。計略ローテーションと昌景撃破タイミングを騎馬に合わせて調整すべきだろう。
牛鬼は足止め数を4減らすので盾含む一般的な足止め近接では素通りされる。足止め数をブーストよりは火力で押し切るのが現実的。または前線の出現ポイント側で叩いてしまってもいい。(戦力分散に注意)

VS 山県昌景

第一段階は緊急出兵と同じ、近接多段攻撃。もろい御城が狙われなければまず問題ない。盾単騎の足止めもしばらく可能。(難ではやや困難)
第二形態は攻撃回数が1回で防御無視攻撃。攻撃力が普:7,200 難:10,400。さらにノックバック無効、遠隔攻撃のダメージを25%軽減、他の赤備え兜の移動速度を25%上昇する。

極めて効果的なのが停止計略。次点でトークン。
有岡城の土牢は特に刺さる。最前線で足止めする間に通り道へ土牢を並べておき、他の敵がすべて片付いてから形態変化・火力集中させるのが理想。

火力近接に足止め付与する方法もある。(普通動画のパターン)
しかしこの場合近接にダメージ軽減計略もかけたいので、計略による足止め付与では第一形態を止めておき形態変化後を少し叩くまでが精一杯になる。足止め特技持ちか湊城特技を使おう。
適役はフランケンシュタイン城。アイアンリングの効果中限定と割り切るなら無課金ユニットの足止め持ち(小諸城・福井城・那古野城ほか)でも。
他の火力が充実しているなら抱え役の火力にこだわらず盾を使えば良い。