重ねし欠片と白亜の城 絶壱 難

重ねし欠片と白亜の城(2018/04~):絶壱 難易度:難しい


 強敵:
・一ノ谷形兜
・アーマー
・シノン城

 対策:
一ノ谷形兜
アーマー
・防御無視攻撃
シノン城
・足止め

各所に防御無視攻撃を配したいミッション。大物を防御無視攻撃で仕留めさえすれば割合楽に済む。

1Waveは左下と右城壁が敵入り口。左下からの敵は右へいくものと、まっすぐ殿へ向かうものに分かれる。最序盤は右が混み合う、まずはそちらを固めよう。
西洋甲冑と赤大砲の開幕配置で左上が固められる。これらへの火力を効かせる前に右城壁内から一ノ谷形兜への対応を。速攻できる杖、鈍足効果もある法術、広範囲に効く鈴のいずれか2人を配置したい。蔵はかなり歩かせないと叩かれないので下手に近接を置かず遠隔で処理を。

上側にも堅牢なアーマーが侵攻。一ノ谷形兜に対する防御無視火力を上にも効かせると非常に便利。杖は射程が短いので法術や鈴でお試しを。

下側城壁上を右に行く弓を蔵前で迎撃するより左側へ鈴による範囲攻撃を効かせ倒すと全体へのダメージソースとして輝く。コストの重さを考慮しなければ鈍足付与できる天童城がオススメ。速攻が効くタイプではないので弓にやられぬよう歌舞(回復)をつけるといい。

2Waveに入ると右からの侵攻がはじまる。が、竹束やトッパイ式が少数で多くの戦力を割く必要はない。
一ノ谷形兜・アーマーともに数を増やすも防御無視攻撃が育っていれば抜けられず処理できるだろう。敵入り口においては範囲攻撃・進まれたら単体攻撃で効率よく殲滅を。

左上砦に居座り続けていたアーマーや赤大砲が動き出すと左下からアーマーが3体、右城壁からも1体だけ現れラストラッシュが始まる。右城壁のアーマー後方から四稜郭・シノン城も出現。
中央~右側の御城配置順により四稜郭の攻撃対象が決まる。彼女の射程内の最終配置を近接にしないと落とされてしまうため序盤配置に注意。攻撃力自体はそこまで脅威にならず巨大化回復のみでも耐えきれる。
シノン城は盾だけあって防御だけでなく耐久も高く、攻撃力はそれなり。刀同様2体同時攻撃で、こちらも配置順によっては遠隔がピンチに陥る。殿に続く上り坂まで到達されると蔵が危険につき手前で足止め推奨。