反魂の死霊術師メトゥス


rader chart

HP 攻撃 防御 攻撃速度 射程 魔法耐性 コスト 育成優先
E B
(A)
<S>
E E B 0 C A

魔法耐性以外F~Sの7段階評価 ※第一覚醒完全成長時
()はスキル時、<>は覚醒スキル時の評価

入手可能緊急ミッション:死霊術師と反魂の至宝
絵師:またのんき▼(敬称略)

雑感

はいてない黒レアにふさわしい超火力型ネクロマンサー。敵としての初登場時はアンデッドであったがその後反魂の至宝により蘇生、王子軍に加わった。ミッション内会話に出てくる際はメメントとセットのことが多い。
ネクロマンサーに関してはメメントの項を参照のこと。

火力としてはさほど期待されないはずのトークンメインなクラスだがメトゥスは貫通攻撃スキルがウリ。攻撃の遅さとスキル回数制限が欠点。

使いどころ

遠距離貫通攻撃とトークンはゴーレム対策としてハマる。ストーリーミッション第五章 魔法都市で苦戦する王子の切り札になりうる。
飛行敵を優先するため地上が混戦中でも取りこぼさないのが皇帝に対する強み。耐性の高い敵へ特に有効だが相手を選ばず戦える。
遅く数で圧されると弱い。彼女を出してもラッシュ対策は別途準備が必要。

スキル【ラストデスエナジー】は最大30秒攻撃力3.0倍で防御と魔法耐性無視攻撃。ミッション中1度しか使えない攻撃力1.8倍、魔法耐性を無視する。自動発動+効果時間無限。
調整で回数制限なしの永続スキルに変化した。攻撃倍率が低下、ポン置き発動よりは居座り向きになっている。

覚醒スキルは【アニメイトデッド】。20秒攻撃力3.0倍、魔法耐性を無視し敵を倒すとトークン所持数回復。
太く短い性能。定期的にやってくる難敵を落とすのに向く。トークン増やしはグレイヴボーン派生でリッチトークンをうなるほど出したいときに輝くだろう。
スキル中の範囲内トークンバフが凶悪な数値に。即死級の超火力相手への差し込みにおいても侮れない火力寄与が可能。範囲内バフは調整でなくなりました。

覚醒前アビリティは【攻撃力アップ】。シンプルかつ強力。
覚醒アビリティは【ハイネクロマンシー】。ネクロマンサー系ユニットとトークン、アンデッド属性ユニットの攻撃力に20%の配置バフがつく。
メメントと共闘し、あちらのスキルとこちらのアビリティを合わせて更なるトークン強化が可能。
自己バフとして確定する能力上昇は覚醒前アビリティのようにステータス画面へ反映される効果ではなく、覚醒直後の攻撃力ダウンが他ユニットよりも衝撃的。しかし成長率高く、第一覚醒カンスト成長後出撃時の攻撃力は王子バフ抜きで1,300ほど。覚醒後は射程も伸びてより頼れる存在になる。
イベント産キョンシーなど無課金で手に入る強力なアンデッドユニットも数を増しており、高い攻撃バフが役立つと思われる。

好感度150%ボーナスは攻撃力+84。遅さはさておきスキルが強いので上げておきたい。

第二覚醒

・コフィンクイーン
射程+20、敵を2体まで足止めするスケルトンナイトトークンを使役、トークンは3体まで出撃数に含まず毒・状態異常無効。
潤沢なトークンを抱える派生でパラメータもよく伸びる。メメントがこちら派生なのでわざわざ選ぶこともないのでは。立ち絵はこちらが健康的。

・グレイヴボーン
敵2体に防御力無視の遠距離攻撃。防御力無視の遠距離攻撃可能なリッチトークン(所持数3)使役、トークンは2体まで出撃数に含まず毒・状態異常無効、死亡しても一定時間後(やや長い)にその場で復活。
画像はアビリティ適用済み、素の攻撃力は1,200。射程の短さ(250)が若干腑に落ちなくはありつつ強力なリッチトークンを扱うための派生と言っても過言でない。
が、通常攻撃が2体同時になるのも大きな変化。攻撃力の伸びで劣るのは残念だが汎用性で優位に立てる。
スケルトンナイトが必要なときはメメントに任せ、助手的な意味でもメトゥスはこちらで。

交流クエスト


ストーンゴーレム相手の気が抜けないミッション。編成メンバーにメメントがおり、グレイヴボーンにしたあとでもトークン足りるはず。

コメント