集団戦の心得

白き獣人と闇の組織(2019/05):集団戦の心得 神級
関連イベユニ:純白の獣人フラフィー


 強敵:
・濃密ラッシュ

 対策:
・範囲攻撃(近接推奨)

タイトル通りの人海戦術ミッション。
3段の横一本大道の左拠点、時折上から合流敵のいる渓谷マップ。ソルジャーやアーマーなど多ブロ複数動員を余儀なくされる。

開幕は援軍ソルジャーなど軽量な3ブロを上~中段に配備、量産型モンクを抑え、のちに範囲攻撃役を出撃。攻撃役を出すより先にブロックを抜けられやすい、やはり軽量な後備えも用意したい。魔法剣士や神官戦士など後ろからでも支援可能なクラスが良。
注意すべきは範囲火力が標準的な未覚醒メイジ1人程度では処理が追いつかないこと。中段近接に攻撃速度で上回るペガサスライダー or グリフィンライダーを激しく推奨。コスト役が多ければ範囲魔法複数でも間に合う。

モンクが一段落、騎兵がちらほら現れるころ崖上にフラフィー待機、長射程防御無視遠距離攻撃を行う。
上段一番左の遠距離枠まで届いてしまう。魔法耐性の高いユニットを避雷針に。デモンサモナー等遠距離ユニットを避雷針としても良いが、弓が来たら物理避雷針を新たに置かないと終盤狙われるおそれがある。
とんでもない威力/速度ではなく、被弾者の魔法耐性ゼロでも2ヒーラーなら他のダメージ含めて回復が追いつくだろう。

騎兵後、中段バシラ&テティス、追って上下段を大量の弓とキャバリアが拠点やや右で重なり侵攻。
序~中盤だが既になかなかの物量。このあたりで範囲火力の是非が問われる。
デモンサモナーは便利だが下段まで届きづらい。使うなら下を近接を打撃力高めに。皇帝やメイジアーマー、覚醒済みサムライなど。
バシラとテティスからの被弾も厳しく、フラフィーのダメージ含めてすべて一点に重なると崩されやすい。火力スキルで長期戦を避けつつ回復力も強化したい。神官戦士はブロックで回復を止められぬよう。

撃破55、モンクと金弓6、黒キャバリアとボウライダー各12からなる怒涛のラッシュ開始。ミゲル・リオン・フラフィーも後続。
もはや『ケラウノス王子スキルを使いなさい』といわんばかりの濃密さだが、しっかりブロックできればペガサス+メイジ程度で漏らさず阻止可能。
リオンは射程300ほどある。後から出した遠距離ユニットがいるなら狙われる前にブロックなりトークン差し込みでタゲを逸らすこと。物理防御が高ければフラフィーの攻撃と重なっても耐えきれるはず。