大樹根の決戦

世界樹に巣食う妖虫(2019/05):大樹根の決戦 聖霊神級
関連イベユニ:滅蟲の狙撃手エイル


 強敵:
・女王蜘蛛
・キラーマンティス

火力を封じられやすい高難易度ミッション。
拠点のある下側以外全方位から敵襲来。序盤は非ブロック中リジェネを持つ芋虫、中盤以降は蜘蛛の攻撃速度低下に悩まされる。壁役が火力を兼ねてしまうと失敗しやすい、分業しよう。
デモンサモナーは攻撃速度低下の影響を受けないと思われる。中央左がベストポジション。回復をなんとかできれば中央上も可(デモサモ→神官戦士→ヒーラーでヒールリレー等)。
NPCのエイルは序盤の虫抜け防止・終盤のキラーマンティス撃墜あたりにスキルを使うといい。

序盤は軽量な3ブロックとデモンサモナーで左側防衛。ブロッカーは攻撃力よりブロック数でチョイス。
右側からもすぐ芋虫が来るので近接で蓋をして右遠距離火力配備。奥の枠を使うなら蜘蛛対策を。
中央近接4枠のうち右上だけ初期位置異界召喚士が届く。あんなナリでもかなり強い、ここは空けておくか使うなら天狗など。
なお異界召喚士はHP半減で範囲攻撃化&射程アップ。魔法耐性高くケラウノス程度ではビクともしないが先制するなら要注意。

撃破30前後の蜘蛛が多く、ケラウノス王子などの派手なスキルに頼りたくなるがラストWaveへ温存すること。道中は左デモサモ、右2メイジ、NPCエイルで火力は事足りる。

終盤の大物はキラーマンティス3体と異界召喚士。
いずれも移動速度が遅く遅延戦術が刺さるのだが、1度倒したあとの飛行キラーマンティスが遠距離攻撃(射程250~260程度)。異界召喚士向きのデモンサモナートークンが配置場所によっては即溶かされる。脆い遠距離枠は1確されぬよう固い避雷針を。
必要火力はケラウノス王子、皇帝、NPCエイルスキルで8割近く賄えるはず。回復不足にはアタッカーをひとり撤退&トークンデコイでフォロー。