王妃人

HP 攻撃 防御 攻撃速度 射程 魔法耐性 ブロック数 コスト 育成優先
B B
(A)
<S>
C C D
<A>
20 0 D A

魔法耐性・ブロック数以外F~Sの7段階評価 ※第一覚醒完全成長時
()はスキル時、<>は覚醒スキル時の評価

関連緊急ミッション:琵琶の仙女と憂愁なる調べ
絵師:にろ(敬称略)

雑感

イベユニ初邪仙。お嬢系口調だが奥ゆかしさはあまりない
クラス:邪仙は0ブロック、忍者や魔法剣士程度の射程で単体防御無視攻撃を行う。高めの攻撃、それなりの耐久、早い攻速を備える。
『常時0ブロックで防御無視攻撃』の特性だけでも戦力に食い込む可能性が高いうえ、ファーと同程度の攻撃速度で高めのDPS。スキル中は全体魔耐デバフで味方支援もこなせる使い勝手の良いユニットとなっている。

使いどころ

強敵の通り道、またはブロッカーの前へ配して火力担当。バフのきく真人も一緒に並べて鈍足させると効果的。
遠距離攻撃被弾に注意すればどこでも使える。強烈な攻撃は受けられないが遠距離ユニットを守る程度の避雷針は可能。

スキル【奏でし花の音】は最大30秒攻撃力1.5倍、全ての敵の魔法耐性を固定値で10減少。
デバフにより攻撃力値以上の成果を期待できる。とはいえデーモン級の高魔法耐性を攻めるなら他のデバフも併用しよう。〇〇%減少させる魔法耐性デバフとは系統が異なり重複するものと思われる。

覚醒スキル【風雅なる調べ】は15秒攻撃力2.2倍、全ての敵の魔法耐性を固定値で20減少。
こちらは単体でもデバフ効果が目に見えてわかりやすい。持続が短く短期決戦向き。他火力スキルの持続時間を考慮して点火順にご注意を。

覚醒アビリティは【妖仙宴楽】。仙人/妖怪属性ユニットの攻撃力に7%の編成バフがつく。
自己バフだけでも十分機能する。妖怪PTや某黒レア邪仙など持ってる王子ならより大きな効果が期待できるだろう。

第二覚醒は執筆現在未実装。