神獣エインヘリヤル降臨 神級

大総力戦 神獣エインヘリヤル降臨(2019/03):神級
<石碑が発光している間は
特定のクラスの攻撃防御がアップ>
<時間経過によるコスト回復なし>


 強敵:
・セラフ
・巨斧の英霊分身体
・エインヘリヤル

加護や英霊についての基本的な部分は極級記事参照のこと。
☆3でブラックアーマー取得。極級と違い☆落としてクリアするメリットなく、無理に挑むよりは復刻待ちがおすすめ。

Team 1st

大天使長が右魔法陣入り口でにらみを効かせ、セラフの位置も厄介になっており初期配置が制限される。
大天使長のマルチロックメテオが攻撃力1,500、近接は単体2,000。周辺への出撃を考えるなら真っ先に抱えるしかない。が、別にアレを倒してしまっても構わんのだろう?
即撃破目指すなら強力リジェネを押し切らねばならず、強化されるソルジャー/ワルキューレをもってしても簡単にはいかない。高DPS火力集中で畳みかけよう。魔法耐性がそれなりにあり物理推奨。大天使長ブロッカー回復に遠距離枠を使いづらいので神官戦士で賄うといい。
リジェネ切れを目指すならWaveまたぎに注意。2nd向きにコストを多めに見積もっておこう。
石碑強化クラスでセラフと戦うなら狂化ダメージで事故らぬよう強めの回復を。

Team 2nd

神級においては割合ゆるいWave。1stよりコスト生産しやすい。
補正で開幕亡霊弓の危険度増。急いで操作ミスするくらいなら大人しくケラウノス王子点火。
鎧天使や亡霊騎兵ラッシュが濃い。コストが気になるところだが範囲魔法2人はほしい。陰陽師やサモナーで軽量化可能。

Team 3rd

第二覚醒アーマーやエンチャント弓無双。
防御に徹するより攻撃志向アーマーで殲滅早めると安全かもしれない。ベルニスは防御型でもスパイクシールドで火力寄与できる。

極級では盤面全体合わせて英霊5クラス一揃いだったところ、左上・右の魔法陣それぞれで1部隊(槍手/射手/癒し手/天使長)揃う。
上位天使(戦斧)含む敵リジェネ要員をすべて倒せるか否かが命運を分ける。ひいては左上へ火力を向けるため中央道の天使像迅速撃破可否が焦点。ケラウノスほか強力な範囲 or マルチロック攻撃を叩き込みたい。

神級だけあってエインヘリヤル本体が図抜けて強く、極級のようにはいかない。
とはいえ本陣をマルチロック(防御無視 攻撃力2,500)で蹂躙されぬよう前線に隔離ブロック、あとは回復を補えば事足りる。その回復が問題ゆえ魔法耐性の高い抱え役で。新称号の英魂王子か第二覚醒エデンがオススメ。
中央小島の遠距離2枠はブロック前に被弾してしまう。もし使っていたらやられる前に撤退を。