忍ぶれど、あさぼらけ 絶弐

忍ぶれど、あさぼらけ(2019/02~):絶弐 難易度:難しい
平山城の耐久,攻撃,防御が1.3倍/巨大化消費気軽減
関連イベユニ:百地丹波城


 強敵:
・百地丹波城
・金法術
・力士
・大猿形兜

百地丹波城のマルチロックが苦しいミッション。主要な敵は右上から侵攻。
四方から狙われる珍妙采配の中央殿に10蔵。蔵防衛のため消去法的に配置を決めやすい。

1Wave

開幕待機に右上金法術1体と大猿2体、左下に力士。
左右に初登場の虚無僧兜がおり、存在する間すべての城娘の攻撃防御が25%低下。早期撃破を目指したいが遠隔ではかなり狙いづらい位置に陣取っている。左右とも槍で撃破推奨。

Wave終盤に動く金法術以外たいした敵は来ない。が、虚無僧デバフあるうちは少々厳しい展開。金法術を待機中に撃破できそうもなければ巨大化で耐えながら倒そう。
待機大猿にダメージを与えると途端に走りだす。戦力の育たぬうちは攻撃を控え、大砲の巻き込みなどに注意。(待機金法術へ砲撃すると大猿を巻き込む)

2Wave

1Wave終わりに動いた左下力士が右側へ回り込む。放っておくと蔵が叩かれるのだが過疎地のうえ相手が相手、しかも終盤もう1体来るためまともに近接を置いての蔵防衛はおすすめしない。空蝉かトークン差し込みでやりすごすべし。

力士の右下蔵通過後、右側へ百地丹波城の分身が計7体、短射程でマルチロック攻撃を放つ。単体攻撃と比べて遠隔御城を守りづらく素早い撃破が望まれる。直線道を固まってくるので槍か大砲が有効手。
左上からも分身3体。右より少ないがなめてかかると遠隔枠から切り崩される。盾役兼火力近接を置き、こちらも早めに処理しよう。
並行して、右下から右上へ回り込んだ力士が階段を上下して殿へ肉薄するルートへ。階段降りてすぐの蔵は幸い攻撃されない。殿左の蔵は叩かれるのでそこまでに倒すこと。

2体目力士から右下蔵防衛を要すころ、開幕待機の右上大猿2体が移動開始。さらに百地丹波城本体が階段前に降下、その後ろへ大猿が現れ猿ラッシュ開始。
高速移動の大猿に殿到達されやすい。鈍足・足止め・高火力の即撃破で殿はもとより蔵も守りたい。
百地丹波城の出現位置から放たれるマルチロックを完全に避ける配置がやや難しい。大猿も並行して叩かねばならず、遠隔火力の後退はマイナス。石弓なら被弾圏内でもそこそこ耐える。
猿ラッシュも遠隔を狙ってくる。ここまできて詰まぬよう耐久手段を残しておこう。

2体目力士が右上到着とともに金法術2体も並び立つ。力士は1体目と同じ階段ルート進行。
中央上蔵防衛のため、その左上の遠隔か遠近両用枠を使うものと思われるがここを金法術に叩かれる。左は被弾分散の難しいルート、かつ歌舞回復で追いつくレベルではない。回復強化計略やトークン差し込みでフォローを。
最後に左下水辺から人魚3体がまっすぐ殿へ向かいざま蔵を狙う。前線の遠隔で処理しきる前に蔵が破られてしまうのでトークンか近接で守るよう。