訛伝が染めたる宵の森 絶壱

訛伝が染めたる宵の森(2018/11~):絶壱 難易度:難しい
平山城の耐久,攻撃,防御が1.2倍/巨大化消費気軽減
関連イベユニ:松坂城 北ノ庄城


 強敵:
・大鷹形兜

 対策:
・弓
・防御無視攻撃
・鈍足

まだやさしい前半絶。
特殊築城イベントの特徴である10蔵。大物飛行型の大鷹処理が遅れると蔵に被害が及ぶ、のみならず殿到達されなす術もなく敗北の憂き目に。
殿は2方向から攻勢を受ける左側布陣。大鷹と騎馬に要警戒。

1Wave

中央上に象、右上に大鷹が待機。両方待機中に叩くべき存在だが象は2Waveに持ち越してもよい。
守りに入るよりは、第一に優先すべき大鷹の待機位置に合わせて前へ出る布陣推奨。制圧すべきは中央上の敵入り口と右側池から8時の方角。打って出たほうが象も倒しやすい。

大鷹形兜が存在する間、1体につき防御100のバフが飛行兜へつく。耐久半分以下になると自身の遠隔物理ダメージを半減。
飛行特攻持ちの弓が耐久半減以降抜群に通しづらいうえ移動をはじめるため、弓で動かし法術ほか防御無視攻撃で仕留める2段構えが吉。防御無視は道中の大貝にも効かせておくとムダが無い。

大鷹は2Wave開始前に動き出し、マップ下側でゆるく弧を描き、左側で急旋回して殿の背中を急襲。
中央右下遠隔2枠の左側は大鷹に攻撃される。あえての被弾による足止めも可能であるが耐久とコスト管理に注意して回復できず落城せぬよう。
どうしても撃破が遅れるようなら殿周辺へ蔵防衛近接や法術を置くのもアリ。

2Wave

右下へ抜けようとする水棲兜が増える。
抜けられると左下(殿正面)まで回り込まれる。そちらで迎撃するよりは対大鷹戦力と連携して右側で阻止したい。槌推奨。

Wave開始そこそこで右上に大鷹が2体待機。
あまりに遠隔火力が届きすぎると地上の処理がおろそかになる。鈴が効果的なのだが大鷹2体ともに届くと同時に動き出し難儀する。
移動パターンは1Waveとほぼ一緒、右の大鷹は右側遠隔枠を攻撃。法術(鈍足)使用時は被弾数upによる落城に気をつけよう。

中盤、右上へ降り立った北ノ庄城が右下→左下の回り込みルートを進む。
右下へ抜けるまで蔵破壊の危険なし、特にこわい相手ではない。左に回られたら直近の遠隔から攻撃、必要なら近接も動員して蔵から攻撃を逸らそう。

中央上から2体同時の古桃形が出撃後、象が上経由の左へ回り込むルートを動き出す。古桃形騎馬も同じルート。
殿そばの屋根に手頃な遠隔が1枠ある……が、ここだけでは倒しきりづらく、左側へ侵入を許すと近接足止めしても蔵がやられる。上で待機中を安全圏から槍、踏み込んで速攻のきく刀や拳で倒しておくと憂いなし。
高耐久な親分熊も大鷹同様、法術鈍足を活かした遠隔封殺が安全。近接による直接対決は堅城で挑むように。