神獣ガルダ降臨 神級

大総力戦 神獣ガルダ降臨(2018/11):神級
<ガルダがいる間天候「強風」が発生>
<時間経過によるコスト回復なし>


 強敵:
・ノーブルグリフィン
・ガルダ
・赤ミノタウロス
・黒キマイラ
・真ガルダ

ガルダとの最終決戦。
敵の流れは極級準拠。神級補正による全体強化のほか一部グレードアップしたり数が増えている。ここでは極級との差を中心に触れる。

Team 1st

狼が大幅増量された程度。とはいえ補正で援軍ソルジャーの耐久厳しい。
第二覚醒スピカ+エクセレントアローでガルダまで届く。ケラウノスを加えて早々に落とせば厄介な右グリフィン撃墜も安心。

Team 2nd

ガルダ護衛のノーブルグリフィンが2体、必要対空火力アップ。クラス特性で悪天候無効のハイキャノンマスター(ゾラ・メル・ジャンナ等)が刺さる。
補正でガルダの攻撃が相当きつい。近接火力+避雷針で耐えるには避雷針にかなりの固さを要し、遠距離で叩くのがラクかと思われる。十二分に固い第二覚醒アーマーなどを中央に据えれば地上ノーブルグリフィンを抑えられる。

ノーブルグリフィン(地上攻撃力3,000)が左右に割れて高防御近接の需要が増す。一時的な火力集中にグランドナイトがお役立ち。適した近接の頭数が足りなかったりトラップ等で非ブロック撃破できそうもなければ黒レアカルマアナトリアに頼るのもいいだろう。

相変わらずWave切り替わり早く、キマイラやミノタウロスを3rdへ持ち越しがち。どうしてもつらければ3rdでとりあえずブロック、ブロッカーがやられる前にケラウノスで仕留めるなど持ち越したうえでの対策を。

Team 3rd

極級では右だけだったガルダが左も固める。
右はレンジャー2人で問題なし、スカイキャバリアやシノも良い。
左はガルダが定位置へつく前に遠距離火力→近接避雷針(兼キマイラ担当)と急いで配置して撃破体制を整えるべし。避雷針の回復には神官戦士やドルイドトークンが〇。

左キマイラ、右ミノタウロスが増え、それぞれ上位の色違いが1体ずつ加わる。
右は真ガルダのブロックもあるので昨今実装された第二覚醒アーマー推奨。一番右の縦道からは誰も来ないので無視していい。
左は敵の頭数少なく、ブロック数も少なく済む。黒キマイラ対策にファーが大変おすすめ。

真ガルダ移動後のノーブルグリフィンが時間差を伴い2体。左右とも攻め込まれるので手すきになりやすい左にも対策を忘れずに。

真・ガルダ

攻撃力2,500 × 2と大幅強化、ケラウノス王子が1確される。
火力効率で中央ケラウノスが最善であるが、タゲが逸れるまで被弾回避の差し込み(トークンか撤退支援持ちの近接ユニット)必須。それが面倒な王子は左隣へ配置してノーブルグリフィンに耐えてほしい。

参考までに、王子バフ+第二覚醒ベルニス覚醒スキル中は防御力3,000に到達。真ガルダと赤ミノタウロスが重なっても余裕で耐えカウンターで火力寄与可能。平時のベルニスでも防御力1,500ありスキル切れ後もヒーラー次第で十分支えられるだろう。マリーベル以外でもしっかりやってくれるんです。