ナイトメア・パーティ

降魔の復讐者(2018/10):ナイトメア・パーティ 前半神級
関連イベユニ:降魔の復讐者ノワール


 推奨イベユニ:
ヴェルティ(トークン)

 強敵:
・亡霊パンプキンナイト
・公爵

 対策:
パンプキンナイト
・高魔耐近接
公爵
・遅延戦術

毎年恒例になりそうなハロウィンミッション。
カボチャとヴァンパイアが相手。カボチャは亡霊化しておりヴァンパイアと対称的に物理が通らない。役割分担を。NPCカルマが強力で亡霊パンプキンナイトをほとんど片付けてもらえる。
拠点は下側左右2箇所。右上から来る敵は道なりに左下へ、左上から右下へと流れる。コウモリは左下。

開幕しばらくは左上で発生するカボナイトがカルマを通過する。まずはこちらへ支援火力を。
ハロウィン仕様カルマの
・防御無視攻撃
・味方回復の対象にならない
・スキル中、攻撃無効化確率up
・スキル終了時にHP全回復
・パンプキンナイトトークンでダメージ100%肩代わり
以上の特徴を抑えて有効活用すること。
ダメージが深くなったらトークンを被弾激しくない場所へ出してスキル使用(終了時回復までトークンの肩代わりで耐える)で問題なし。ただし最初はスキルの破壊力で続けざまに現れるカボナイトを屠るのがラク。
カルマのすぐ後ろへ遠距離攻撃近接を置くと、後々抜けてくるカボナイトの的になってしまう。ランファなど0ブロックスルー可能なユニットでも亡霊の短射程遠距離攻撃の対象になってしまう。オーラつきカボナイトのアベンジャー特性を備えた防御無視攻撃には尋常の手段では耐えられない。抜けさせず倒せる自信がなければこのポジションはデモンサモナートークン専用枠としたい。

オーラつきカボナイトが左上をうろうろしはじめると右上からレッサーヴァンパイア4体、コウモリと正規のヴァンパイア1体が続く。序盤の戦備では少々苦しい物量、左上のオーラつきを巻き込んでのケラウノスがおすすめ。

撃破15前後、中央上のカボチャハウスから亡霊パンプキンキング、少々遅れて公爵登場。かなり長い待機時間あり、他へタゲを取られないデモンサモナーなら余裕で溶かせる。(要回復)
公爵の撃破が早いと第二形態がヴァンパイアラッシュに重なるおそれがある。第一段階を撃破寸前で止めておくのも有効手段。

最後に右上から再びヴァンパイアラッシュがあり、待機中を倒してなければ公爵が続く。
タフネスと麻痺による火力減少に要警戒。VH・ビショップの特攻で迅速に殲滅、公爵への打点を欠くことのないよう。こちらはスルー可能な近接が有利に働く。
本ミッションの公爵第二形態は遠距離攻撃しない手加減仕様。抱えると一撃麻痺、状態異常無効があっても容易に耐える攻撃力ではないため鈍足をからめて遠距離封殺が吉。