茶馬古道の麗しき工本 絶弐

茶馬古道の麗しき工本(2018/09~):絶弐 難易度:難しい
関連イベユニ:麗江古城


 強敵:
・佐竹の配下
・麗江古城

 対策:
・近寄らせず倒す
・巨大化や計略で耐える

配置の不便さが最大の敵なミッション。
やや左下の殿へ通じる道は2方向。蔵防衛の観点から中央~右を固める必要がある。
高耐久で突破力の高い竹束の群れ・佐竹の配下・力士・金法術の相手が主な課題。

1Wave

左右に竹束が大量待機、Wave終盤にそれぞれ動きはじめる。
左竹束の通り道には蔵がない。まず右の防衛力を確保すべき。といって殿周辺をおろそかにし過ぎると竹束殺到、殿討ち死に。
Waveをまたぎ上から来る金法術も要警戒。足止めするか火力強化で素早く倒すこと。速射可能な弓や鉄砲がよい。

2Wave

開幕で引っ込んだ力士が塔から再登場。上からやってくる2体目の金法術に続くタイミングで移動開始。
力士の通り道に下手な近接を置くと一撃死を免れない。巨大化を進めた拳(槌でも可能だがコスト厳しい)で耐えるかアイアンリングなどを。

佐竹の配下の通り道沿い遠隔はすべて被弾する。引き気味の配置とし、遠近とも瞬発力のある火力でしのぐといい。近接でも連続被弾は耐え難く、竜巻計略による押し戻しが有用。
近接の打点がないと黒母衣兜に手間取り他への対処が遅れがち。

ラスト、塔から降りてくる麗江古城は非常に高耐久。足止めして倒すか、止めず鋭い火力で仕留めるかあらかじめ方針を決めておきたい。拳は手数で攻める兵種で麗江古城は攻撃強化要素もなく、高防御な盾ならそれなりに耐久可能。

 別パターン:


左遠隔を出さない布陣。佐竹の配下に対して安定がある。