英雄対英雄

王者達のバトルロイヤル(2018/08復刻):英雄対英雄 聖霊神級

英雄対英雄【千年戦争アイギス 巨像王子+未覚醒イベユニ白以下】

 強敵:
・アナトリア

 対策:
・遅延戦術
・旗手を事前に撃破

チャンプとのタイマン(?)勝負。

逆S字状の道が走り、左上拠点・右下敵入り口となっている。左右の観客席からも興奮したオークが乱入(左通常、右ハイオーク)。

開幕から悠然と歩を進めるアナトリア。左右に旗手が1体ずつ。
グラディエーターのアナトリアはHP減少に従い攻撃速度アップする狂化特性持ち。そのうえスキル状態(オーラつき)になると攻撃力4,000、まともに抱えられたものではない。
一撃も攻撃を食らわず済ませる、かつ防御無視攻撃で攻めるなら旗手はとりあえず放置可能、そうでなければ早々に倒すこと。
王子称号や使用ユニットにより、何通りかの戦術が考えられる。

・神器の継承者
ブロックするパターン。スキル状態でもまともな耐久は不可能、50%無効化の運ゲーとなる。
そこでココロのタイムボムなどによる停止をかけ、被弾を一撃に留め停止中に倒す。
旗手が1体でも残ると、スキル中であろうと一撃確殺されてしまう。ハイオーク旗手への火力が課題となる。
参照:https://youtu.be/5ccrygw52Vw

・神殺しの槍
・百の巨腕を超えし剛拳
鈍足と遠距離火力で倒す無難なパターン。
アナトリアがHP減少で走り出したら足止め・火力とも本気を出したい。ウィッチの鈍足のみではやや心もとないので風伯・天狗・真人、レンジャーのトラップ等近接枠も併用するといい。
アナトリア対策のみなら中央上巨像王子が接敵前の攻撃機会多く倒しやすい。

・アナトリア以降
勇士が2体、ハイオークが3体右下から侵攻。HP半減で走りだす都合上、引き続き遅延戦術をとってもブロッカーが必要になりやすい。
それらが一段落つくころ左右観客席にシーフ・メイジ含む各種オークセット(右にハイオーク3、ハイオークシーフとハイオークメイジ各1)、右下からドゥーラとベストラ。
ベストラは最初から走っておりドゥーラや左オークを追い抜いてくる。物理回避持ちだが耐久低め。
ドゥーラはアナトリアに似た挙動、しかし彼女ほどの脅威にならない。高防御近接で抱えたら問題なく倒せる。
どちらかというとハイオーク×3に対する火力が問題。待機時間が少しあるので積極的に削っておこう。