神獣ヘカトンケイル降臨 極級

神獣ヘカトンケイル降臨(2018/07~):極級
<時間経過によるコスト回復なし>

神獣ヘカトンケイル降臨 極級【千年戦争アイギス ケラ王子+未覚醒イベユニ白以下】

 強敵:
・ヘカトンケイル(青・赤)

 対策:

・隔離ブロック
・ドルイドトークン
・射程強化ヒーラー

・スルー戦術

緊急ミッションで顔見せしていたヘカトンケイルの降臨ミッション。
最強の長男黒ヘカトンは登場せず。各ヘカトンケイルの基本攻撃力は1,400。
クリアできれば☆数にかかわらず強力な新称号【百の巨腕を超えし剛拳】取得可能。☆を落としてクリアは上級☆3よりも容易、必ずゲットしておこう。中級上級はかなり簡単に済む。新称号王子はケラウノスとは対極的な一点突破型の強力な攻撃が可能、HPと平時の攻撃力も高い。
拠点は左側上下2箇所。上・下・右から敵出現、中央あたりから各拠点への直進路に入る。
敵の瓦礫通行時は移動速度がやや鈍る。拠点前に瓦礫ゾーンが存在するも、中央上下の待機勢退治のため前線に出て戦うことになる。

ここから各ヘカトンケイル撃破後に第二形態が存在する。赤は近接攻撃のみとなり御しやすい反面、青のマルチロック攻撃はしっかり対策を立ててから挑みたい。

Team 1st

中央右端に青ヘカトン開幕待機。
青は広範囲の単体物理攻撃、第二形態から広範囲はそのままに範囲内の対象同時攻撃のマルチロック化。ブロッカーを立ててもそれを支えるヒーラーが耐久困難となる。防御力1,000そこそこで微ダメージとなるため、ヒーラー抜きでも戦闘継続可能、射程強化スキルを持つヒーラーの臨時回復やニエル・アイドルアンナなどの全体リジェネ程度で事足りる。ドルイド(のトークン)がいると格段に楽。神器の継承者で一気に畳みかけてもよい。

道中特に難しいところはない。コスト稼ぎ中心に進行するべし。

Team 2nd

右下塔へ赤ヘカトン待機。
赤は岩投げが苦手なりに中射程で遠距離攻撃を行う。第二形態は近接オンリーとなり、遠距離火力集中で難なく倒せる。それだけに近接攻撃力は図抜けているので下手にブロックせぬよう。

しばらく上下からサイクロプスが湧き、下からのみ短射程で防御無視マルチロック攻撃を行う青サイクロプス。中央の遠距離は安全だが下は攻撃を食らう。ヒーラー出撃コストを節約するなら被弾を避ける方向で。
下から青サイクロプスが中央へ至るころ、上からフロストギガースが現れ待機。遠近ユニットの遠距離攻撃で沈められる。スキルで火力強化可能な忍者やボウライダーがいると良。サイクロプスに攻撃を吸われやすい、そちらへの火力も別途準備できるとベター。

Team 3rd

序盤は緑・赤のサイクロプス侵攻。それらが出尽くすと右端へ、近接防御無視攻撃と周囲へ炎熱ダメージをもたらす炎の巨人、黒サイクロプスが上2体、下1体待機。やがて赤が下、青が上拠点へと各ヘカトンケイルが動き始め、残る黒サイクロプス・炎の巨人も続く。
最も火力を要する3rdへ強力な戦力を集中、さらにエレーヌ編成により赤青のヘカトンをまとめて倒すのが効率的……ではあるが大物多すぎにより火力不足に陥る危険を孕む。戦力が許すなら青は1stで倒してしまいたい。