討伐武将大兜! 蒲生氏郷 絶

討伐武将大兜!蒲生氏郷(2018/07):絶 難易度:難しい


 強敵:
・会津若松城
・二本松城

 対策:
・防御強化/攻撃デバフ
・1Wave中に長射程攻撃で撃破
・トークン受け

突出した火力への対応力を問われるミッション。

ネームド2人が強く、雑魚も武者鎧形? に佐竹式毛虫形・古桃形騎馬・金法術・大量の貝など難物揃い。
会津若松城の3連射は並のユニットを一撃で吹っ飛ばす威力、対策しないと近いものから順に消される。連射なので一撃の威力は一応抑えてあると考えられ、防御力アップが顕著に働く。
二本松城は範囲攻撃の大砲。会津若松城より威力はひかえめとはいえ十分に強い。蔵防衛役が狙われると蔵が巻き添えで壊れるため配置順を考慮すべし。

殿は中央やや左。蔵が殿直近上側と右端に2つずつ。右の防衛に近接を置くか、中央側で足止め封鎖するかが戦術の分かれ目。

1Wave

問題の会津若松城・二本松城が開幕待機。黒川城・東黒川館は一旦画面外へ消える。
2人とも強力だが安全地帯から攻撃が届きさえすれば先手撃破可能。
・平城
・平山城+範囲強化計略(津山城など)
のいずれかが有効。平城の場合コスト面で難しくなる。
Wave終了前に2人ともいったん退場してしまうため、先手を取れるのはいずれか一方になる。露払い役(と必要なら計略担当)を出撃しておき、まっさきに攻撃担当の鉄砲を最大化、他の敵(特に飛行)へタゲを取られぬよう殲滅力を強化したい。気トークン2体推奨。
どちらかというと二本松城の方が雑魚にタゲをとられにくい。

古桃形より大きい武者鎧が耐久高め、接敵後不動の高速攻撃に入る。歩かせる間に倒すのはやや難しい。防御力高めの近接で受けるように(拳は要即撃破)。2Waveからは数が増えて火力不足では手に負えなくなるので攻撃力も兼ねる兵種を。

2Wave

1Waveで退場した2人と入れ替わりに黒川城・東黒川館が再登場。巨大化の済んでない遠隔が倒される程度の威力はある、一応警戒を。高耐久で殿まで押し通ることもあり、殿右に盾がいると安心。

ダブル黒川進行中に右下から飛行タイプの大物、佐竹式毛虫形兜が出現、待機。しばらくすると中央左下側の遠隔櫓ラインに沿って左上へ回り込んでさらに待機、のち道沿いに殿へ向かう。
待機中を叩けば撃破は難しくない。遠隔ライン通過時の耐久手段(巨大化回復等)を残しておこう。毛虫そのものより遠隔を吸われる間の対地火力が充分かどうかがポイント。

右下から金法術、上側左右から武者鎧が4体ずつ。右下から佐竹式毛虫形が再び1体待機し(遠隔攻撃が届くと吸われる)、金法術の左右挟撃。このあたりをしのげるか否かが勝負の分かれ目。法術には回復強化やデバフ、ダメージ軽減、トークンで対応を。近接の巨大化を少し残せないと最終防衛が厳しい。

最後の金法術が下から現れるころ会津若松城・二本松城が行動開始。いずれも高防御近接に被弾を任せ防御強化計略をかけたい。
二本松城は右蔵まで届く。必ず蔵から離れた場所へ避雷針を立てるように。中央付近歌舞の届く場所が良い。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする