沈黙の戦塵 絶弐

沈黙の戦塵(2018/06~):絶弐 難易度:難しい
・平城の耐久,攻撃,防御が1.2倍/巨大化消費気軽減

沈黙の戦塵 絶弐 難【城プロRE ☆5以下イベユニ】

 強敵:
・槍攻撃(高崎城/彦根城/僧兵)
・金亀城

 対策:
・避雷針(蔵被弾注意)

昨今定着している人間や御城相手、平和(?)なストーリー展開の絶。
全2Wave、直線射程を持つ槍と金亀城の範囲攻撃からの蔵防衛が重要課題。
左下に殿。蔵4つのうち3つは殿から近く割合守りやすい。1つだけ右側の外れにあり、対策しないと鉄砲に撃ち抜かれる。

大量の開幕配置は手近な四神旗を倒すにとどめ、まず上からの刀侵攻を防ぐ。中央へ範囲攻撃を効かせ、僧兵が来るまで近接を出さず温存したい。鈴では終盤火力が不足するおそれあり。
中央やや右の交差点に面した遠隔は井伊谷城の間合いゆえ配置せぬよう。そこから右の遠隔枠もなにかと被弾しやすく、無策では使用できないポジション。
1Wave終了間際から来る僧兵・2Wave序盤に来る高崎城・終盤彦根城の槍攻撃は配置順で誘導しないと容易に蔵が壊れる。近接の位置に気をつけて蔵近くの遠隔を狙わせないように。

2Waveに入ると右上から画面外に消え、右下へ回り込む敵が増える。大回りに見えてかなり早く右下から出現。
鉄砲を通すと右蔵がやられてしまう。右上の出口前に槌で処理しておきたい。被弾激しいポジションなので一度撤退しつつ鉄砲をピンポイントで狙うといい。
左も画面外から殿側へ回り込みが発生。回り込み前を倒すにせよ、殿前迎撃にせよ多少耐久を要する。左下は安全だが稼働率低め。

仁木館分身が3体、のちに6体上から。右から仁木館本体もやってくると開幕待機の井伊谷城が動く。さらに左から彦根城・金亀城がしばし待機後侵攻開始。
仁木館はすべて殿前蔵の右側を南下。井伊谷城・彦根城も右、金亀城は左通行。右側槌と遠隔範囲攻撃で殲滅しよう。金亀城の砲撃は蔵から離れた場所へ誘導すべし。
ラスト右下からやってくる僧兵6体を放っておくと殿右の蔵が危険。蔵右の近接で攻撃を受けると今度は上の蔵が削られる。回り込まれる前にカタをつけたいところ。

絶壱はこちら