鍛冶職人ルミアン

HP 攻撃 防御 攻撃速度 射程 魔法耐性 ブロック数 コスト 育成優先
A+ B C F
<D>
C 0 1 D B

魔法耐性・ブロック数以外F~Sの7段階評価 ※第一覚醒完全成長時
()はスキル時、<>は覚醒スキル時の評価

関連緊急ミッション:鍛冶師と巨人の神威
絵師:てつぶた(敬称略)

雑感

初のイベユニ鍛冶職人。
鍛冶職人は特定兵種へ編成バフ・配置バフ・スキルで強化をかけるサポートクラス。ルミアンの強化対象は騎兵全般。
召喚産鍛冶職人と異なり王子が強化対象にならない。より効果的な運用を目指すなら複数の騎兵と併用、ということになるが、強化対象が1人であっても使いようで凄まじいシナジーを発揮できる、はず。

自身は高HP/高攻撃/低防御。防御無視近接攻撃を行う相手と好相性。
編成だけでも5%のバフを得られ、最悪出撃しなくても恩恵を受けられる。

使いどころ

後方でバフ役として待機が常道。前線に出すなら十分な回復力で支えるべし。

スキル【武具鍛錬・騎】は最大30秒自身と対象クラスの攻撃力1.3倍。
再動60秒とそれなりに長く、使いどころを選ぶ。騎兵側スキルと合わせるだけの時間は十分あり、相乗効果を期待できる。
編成時・配置時のパッシブバフと違い防御力が強化されない点に気をつけよう。

覚醒スキルは【ブリードの火槌】。持続が40秒に伸び、ルミアン自身が魔法剣士化(遠距離防御無視攻撃)。
シビアな回転率が求められるミッション以外、習得して困ることのない上位スキル。
持ち前の攻撃力で大いに貢献できる一方、遠距離火力を活かすべくやや前へ出撃による被害増が予想される。マルチロックや範囲攻撃を行うボスが現れるミッションでの運用に注意。

覚醒アビリティは【逸品乗具の心得】。編成するだけで強化対象クラスのコスト-1。さらにクラス特性の攻防配置バフが覚醒前10%から覚醒後15%に上昇。編成バフ5%は変わらない。
コスト軽減が加わり対象クラス複数編成の恩恵up。魔界を筆頭とするコスト責めミッションにおける一助となりうる。

・ペガサスライダー
・ボウライダー
・スキル覚醒レシア
などは範囲攻撃や手数の多さで効果を実感しやすい。(特にペガサス)
系統が違うため他のバフと併用しやすいのが長所。

現状召喚ユニットのみのグリフィンライダーがイベント産で現れると、もっと脚光を浴びるものと思われる。