車輪の里、忍びの少女 絶難

車輪の里、忍びの少女(2018/06):絶 難易度:難しい


 強敵:
・輪入道
・一本だたら

 対策:
・歌舞&防御無視攻撃
・足止め

新妖怪顔見せミッション。
今回から登場する輪入道は先の天下統一追加ミッションで現れた武田信玄と同じ火傷攻撃を持つ。火傷状態に陥ると攻撃力約15%低下、現HPに比例した持続ダメージを受ける。

殿が左下隅、蔵は3箇所。遠隔だのみの中央蔵防衛が焦点となる。
強敵・輪入道と一本だたらを含む多くの敵は中央道を南下。次いで右からの敵が多く左からは少ない。とはいえ脚の速いアーマー犬が終盤駆け抜けるので蔵防衛近接は置くべき。
殿前盾はほぼ必須。地形的にシノン城一択、計略も大変有用。

1Wave

開幕に中央一本だたら、右上輪入道4体が待機。
輪入道対策に最前線へ歌舞を配置したくなるが終盤一本だたらの高耐久を考えると得策ではない。高戦力の自信があればお試しを。

中盤まで、侵攻があるのは中央道のみ。
開幕から鬼が1体だけ突っ込んでくる。開幕コストで法術を強化するか殿前で盾足止めのうえ歌舞で倒そう。
中央の一本だたらが南下をはじめドキッとさせられるもすぐに屋内へと消える。
中盤以降は鬼が右の道へ迂回、下側から攻める。右蔵防衛近接を置いてあれば特に問題なし。

中央道の右下側へ面した遠隔は2体、3体と数を増す敵法術の集中攻撃を受け危機に陥る。回復手段があるか範囲攻撃で先に撃破できない限りは使わず済ませたい。右下でも1マス奥と逆サイドの左上側はセーフ。

2Wave

輪入道2体が左下の防衛陣に迫る。倒したと思ってもすぐに後続が2体。さらに鬼火も飛んでくる。
火傷もあり輪入道からのダメージ甚大。攻撃強化計略(歌舞強化)や回復計略があると重宝する。
妖怪以外の敵への対処を考えると殿前盾の右へ槌を置きたい。バフ集中で活路を見出せる拳でも可。
HP半減で加速する鬼火が殿まで抜けやすく、1体でも抜けられてしまうと殿まで防御無視火力が届かないと終わってしまう。出撃枠にゆとりがあれば前線で法術や杖を使って処理したい。

竹束に守られて殺到する5体の法術が非常に厄介。回復手段のない最大化済み遠隔が狙われると確実に落城する。事前に処理する手段がなければ巨大化・トークン・その他計略など策を用意しよう。ダメージ計略でまとめて屠れるとベスト。
法術の後ろから天狗3体飛来。このあたりから中央(やや右)蔵が叩かれやすい。蔵の右上側、あるいは右上と左下遠隔で攻撃を引き受け、足りないぶんはトークンで補おう。

竹束が正面突破、アーマー犬と鬼が左右に割れ右上からは鬼火5体。見た目にも忙しい。
鬼火に対し範囲攻撃ではまとめて突撃される危険があり、単体防御無視攻撃で1体ずつ落とすが吉。
赤法術が中央道へ入ると竹束にくっつき輪入道2体、後ろからさらに輪入道計6体と一本だたら。下からも法術や貝などがやってきてこれだけでも結構な物量だが左右回り込み勢も中央侵攻の敵と同時に加わり、ダメ押しに天狗6体・最序盤建物内へ消えた一本だたら再登場まであるラストラッシュ。
歌舞の火力兼回復力が最重要。しかし妖怪以外の敵も侮れず、通常火力が不足すると水路から上がった固い貝に殿まで抜けられる。ダメージ計略や停止計略で足止め数を確保できる、かもしれない。攻守に優れるアーマー犬の抜けにも要注意。
天狗が最後の中央蔵攻めに来る。必要ならトークン差し込みを忘れずに。
輪入道と一本だたらからのダメージが尋常でない。ここに備えて近接巨大化は最大限温存するように。