風林火山 ~甲斐~

天下統一(2018/06追加):風林火山 ~甲斐~ 難易度:難しい
耐久強化:全ての敵の耐久が一定値上昇
平城の耐久,攻撃,防御が1.2倍/巨大化消費気軽減


 強敵:
・武田信玄

 対策:
・鈍足/ノックバック等

前ミッションで存在をにおわせた武田氏と早速の交戦。
おなじみの桃形・古桃形・烏帽子形(鉄砲)・トッパイ式が赤備えとなっており雑魚でも侮れない強さ。(赤備えは史実で主に武田/真田の軍勢に見られた強兵の象徴)
殿は中央やや左上、建物を背にする。殿後方、左上建物や中央上の細道からも敵が湧き、殿陣構えの迂闊さ信玄公の戦上手が見て取れる。
蔵は殿の左・中央上・右下の3箇所。中央上のみ2つ並ぶも駿河のような守りづらさはない。

1Wave

桃形多数、古桃形少数、Wave終了間際にトッパイ式が1体、すべて左下から発生。ほとんど右側を迂回し、古桃形1体だけが最短距離で殿へ向かう。この1体が命取りにもなり得る。ひとりは護衛をつけよう。
蔵防衛に槌を置くとほとんど倒してくれる。もし下側へ防衛陣を敷く場合も避雷針として槌を据えると攻防ともに心強い。

2Wave

桃形が消え古桃形が増える。ここから遠距離攻撃の烏帽子形、右上から飛行敵も登場。
古桃形と烏帽子形がちらほら殿へ直進。殿前を盾で塞いでおきたい。殿左の蔵が撃たれぬよう遠近いずれかひとりは防衛役配備。終盤の猛攻をさばける or 耐えられる御城を。
右上侵攻は単体では強くないが遠隔が狙われると数の暴力に屈する。Waveが進むと黒母衣兜に遠隔攻撃を吸われ、対空が遅れ遠隔御城が狙われやすい。避雷針近接配備で安心。

3Wave

中央右下建物から黒母衣兜が現れはじめ、遠隔攻撃の流れを捻じ曲げられる。さらに左上下から大猿や飛行敵が現れ遠距離被弾増、遠隔耐久により注意。
黒母衣の遠隔攻撃吸い込みは遠隔火力見直しを図るレベルで影響大につき鈴が大変有効、しかし鈴の単体火力は他と比べて弱く、ラストWaveで力士と信玄を正攻法で倒そうとすると火力不足に陥ることもある。対策となる計略を用意しておきたい。
黒母衣の通りすがりに右蔵防衛近接が攻撃可能(こちらも攻撃される)。黒母衣を曲がり角で足止めすると防衛近接の稼働率が高まり遠隔ガードも可能。

4Wave

黒母衣と右トッパイ・左烏帽子の殲滅/耐久が第一の課題。第二に力士と信玄公。

信玄公は極めて短射程の近接ボスで被弾した御城に状態異常『火傷』付与。火傷中は現耐久値に応じた割合ダメージと攻撃力が一定割合(15%?)下げられる。攻撃自体強力なのは言うまでもなく、火傷の影響で大ダメージが避けられない。
蔵防衛近接の被弾は2発、耐えられなくもない水準だが鈍足/停止により3発目をもらってしまうと大変危険。
十分な火力に鈍足/ノックバックがあれば左下側通行中に仕留めるのは難しくない。十分にバフを盛った拳、新宮城トークン、竜巻計略が刺さる。

先行する力士を竜巻と停止計略で留め、信玄公とともに離間の計をかけると共倒れしてくれる。両方への同時離間が難しい場合、いずれかに離間をかけておき竜巻の押し戻しにより接触させることで少なくとも一方は撃破容易に。