魔神ビフロンス降臨 Lv5

魔神ビフロンス降臨(2018/06復刻):Lv.5
<編成内での同ユニット禁止>
<ユニット、アイテムのドロップなし>


 推奨イベユニ:
フラン
ワルツ

 強敵:
・リッチロード
・ビフロンス第二形態

 対策:
リッチロード
・魔法避雷針
ビフロンス第二形態
・隔離避雷針+高DPS火力
・高HPブロッカーを重介護

ビフロンス第二形態が導入される節目のLv5。

ビフロンスはデーモン/アンデッド属性の魔神であり、特性は『アンデッドタイプの敵強化』。オーラつきの敵は同じ能力を持っており、画面上に多く存在するほど強化される。これによりブロック戦術が難しくなるがLv5段階では神経質になるほどではない。
なおビフロンス自身はリジェネ(自動回復)を有しており、リジェネ切れまでかなりの時間を要する。物理攻撃はそれなりに通り、アンデッド属性という弱点もあり回復量を上回って落とすのは難しくない。

序盤の大量スケルトンにはペガサスが非常に有効。育っていなければ援軍ソルジャーやワルキューレで処理とコスト対策を併行、後続スケルトンランサーに対応できるようVH(ヴァンパイアハンター)やビショップとヒーラー出撃。

右からスケルトンランサーが殺到して撃破40過ぎるころ、右上待機のオーラつきリッチロードがS字を描く蛇行ルートで侵攻開始。さらに右からスケルトンキャバリアがやってきてヒーラー負荷を強める中盤の難関。
HPの低い遠距離ユニットがやられぬよう配置を考慮すること。下側遠距離ラインから上へ出撃していなければ最初に狙われるのは左から2番目の遠距離枠(詳しくは動画参照)。ここにはある程度HPの高いVHなどを配置するか、ラインより上への避雷針出撃を間に合わせよう。避雷針を神官戦士にすると自身の回復力もあり耐えやすい。
ケラウノス全弾14発当てると半分ほど削れるうえキャバリアも難なく処理可能。残りはスキル強化したVHで削り切るべし。

大量のコウモリ→上スケルトン、右スケルトンキャバリア赤緑2体ずつ→再びのコウモリがさばけると弓持ち落ち武者が一斉侵攻。ヒーラーが集中攻撃を受けぬようここでも避雷針が重要。
兜つきの弓武者大将はHP半減後から射程内の味方すべてへマルチロック攻撃を行う。通常の避雷針では避けられずヒーラー負担が大きい。速攻撃破できなければ【見切り】など遠距離攻撃を引き寄せるスキルも手段。

弓武者が一服つくころ近接攻撃の落ち武者、同時にビフロンスも侵攻開始。
弓の狩り残し・落ち武者・ビフロンスとダメージソースにいとまがない。落ち武者は離れてるうちからケラウノス起動で一掃がおすすめ、ブロックするならアーマースキルなどでヒーラー負担緩和を。

ビフロンスは中央道からヘアピンカーブを攻めて拠点へ向かう。
第一段階は単体攻撃、第二段階は近接単体攻撃、遠距離は範囲攻撃となる。射程がかなり長い。
とれる戦術は2通り。

1. 長射程を逆手に取り高魔法耐性避雷針を隔離設置、範囲攻撃を引き受けながら高火力で一気に落とす
2. 高HP近接をヒーラー多数(5人以上)で介護

1の場合、ダンサーとVHでほぼ決する。
2はヒーラーの頭数さえ揃えば簡単。ただし第一段階で切れたリジェネも変身後復活、餅つきにおそろしく時間かかるのが難点。ゆとりのある王子はお試しあれ。