神殿書記官レーヴ

HP 攻撃 防御 攻撃速度 射程 魔法耐性 コスト 育成優先
C B- D+ E B 25 F S

魔法耐性・ブロック数以外F~Sの7段階評価 ※第二覚醒完全成長時
()はスキル時、<>は覚醒スキル時の評価

関連緊急ミッション:戦場の記憶
絵師:inoshishi(敬称略)

雑感

防御特化ビショップ。覚醒後配置バフがありサポート力に大変優れる。
メイジと違って攻撃以外も担当するビショップとしては非常に便利な反面、好感度ボーナスに攻撃力が含まれず物足りなさは否めない。そのぶん自身の耐久力は他のビショップよりやや高い。

もうひとつ欠点として、オデット同様スキルLvの高さ(最大15)による育てづらさが挙げられる。復刻の際はMAX直前までレーヴを重ねたりボンボリでスキルup、14→15はクリスティアやムジカを頼ること。もし手持ちにあれば最初から光の聖霊フェスを使ってしまうのもいい。

使いどころ

対物理ボスの切り札として。

スキル【ホーリーフィールド】は最大60秒敵の物理攻撃力を15%減少、味方の回復を行う。1ミッションで1回しか使えない
長時間持続するデバフとしては高い割合。呪術師デバフとは別系統であり重複する。呪術師スキルも同時発動すると約35%ものデバフが可能。レーヴがヒーラーにスイッチするぶんこちらの範囲火力も減少する点に留意されたし。

覚醒スキル【ディバインフィールド】は持続が70秒に延長、範囲内の味方全員を同時回復するエリアヒール化。やはり1回しか使えず、おのずと使いどころは限定される。
圧倒的範囲回復力で密集配置への範囲攻撃を無理やり耐えるに役立つ。単体回復力は変わらないため回復対象がひとりの時は過信せぬよう。

覚醒アビリティは【幸せの記憶】。全ユニットの攻撃力と防御力に5%の配置バフがつく。
王子のように攻防とも上昇・属性などの縛りがないバフ要員は貴重。このためだけでも覚醒の価値あり。

第二覚醒先はパトリアーク。射程が10伸び配置中全体リジェネもつく。ステータス上昇はひかえめ。
彼女を要する状況にあってはリジェネの回復力も重要。ぜひ完全体としよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする