魔蝿とトロルの騒乱

帝国の治癒士(2018/05~復刻):魔蝿とトロルの騒乱 神級
関連イベユニ:帝国治癒士エリアス


 強敵:
・ベルゼビュート

 対策:
・隔離ブロック

暴虐のエルダートロルのリサイクルミッション、なのだがこちらはベルゼビュートとの対決。
高HPとリジェネの厄介な中型トロルが現れず小型のみ大量出現。難易度が落ちるパターンの追加神級である。
拠点は中央やや右下に1箇所、左上からL字型に伸びる道の左右から侵攻を受ける。右側防衛陣には回復よりも火力を効かせるべき。

ベルゼビュートと眷属のもつ黒い空間に入ったユニットは持続ダメージと70%の攻撃力デバフ(弱体化)を受ける。対眷属火力やヒーラーがこの領域に飲み込まれると詰む危険あり。密集配置がまるっと飲まれぬよう警戒を。眷属は近づかれる前に倒すのが基本。

開幕、ベルゼビュート眷属のハエが6体分散待機。
飛行特攻のつく弓で待ち構えるか、早々にパイレーツやモンスタースレイヤーなど長射程火力を出して叩きたい……が、生半可な物理は却って不利。適任がいなければケラウノス後の討ち漏らしへウィッチで対応するといい。
第一次トロルWaveが一段落つく前にハエが動き出し、うち2体は画面外へ一時退出、ベルゼビュート出現後に戻ってくる。これらは後から撃破が十分間に合うので序盤に無理して倒すことはない。

最初のトロルは左から13体侵攻。
ハエもろともケラウノスに巻き込むか、ヴァンパイアハンターなど軽量かつ瞬間火力の高いクラスで素早く撃破していこう。近接なら多ブロで抱えたところを前衛のペガサスで叩く、またはサムライが有効(コストの重さ注意)。抜かせず撃破が間に合えばワンブロのローグ、バンデットなどもいい。

ハエが動き再待機後、第二次トロルWave12体が右から迫る。
左右ともカバーできる遠距離攻撃を用意して右側遠距離枠と連携しよう。重コストな遠距離範囲攻撃は無理に置かず、堅実に1体ずつ処理できる体制を整えること。ハエがすっかり落ちており、そこそこの防御力があれば右近接へのヒールは不要。

右からトロル行列の途中で右上にベルゼビュート出現、しばらく待機。さらに左上下の道からトロルが計12体。右上からも6体湧き、うち3体は右から来る。
拠点から右と上の遠距離枠から攻撃可能だが追って出てくるトロルに吸われることもあり、待機中を撃破となるとかなり高火力を要する。自信があれば挑戦してみよう。
左右18体の最終トロルWaveは終盤の余剰コストでどうとでもなるうえ、序盤にケラウノスしていればこのあたりでチャージ完了する。見た目ほどの苦労はしないと思われるが万が一ツラいときはメイジアーマー・重装砲兵・フーコなどの近接範囲攻撃を頼るといい。フーコはベルゼビュート抱え役としても優秀。

右寄りに待機してたベルゼビュートは左から侵攻、の前に画面外へ出ていたハエが蛇行しながら飛んでくる。不安なら長い待機中を狙い撃つよう。
ベルゼビュートはそこそこ速い攻撃力2,000の物理攻撃を行い持続ダメージも入る。速度があるため防御力大事。
ベルゼビュート阻止に適した近接ポジションはいくつかある。デバフを受けないヒーラー枠を考慮すると動画のレアンポジションか、その2つ先(11時の方角)の近接枠がいい。
ヒーラーが届かずとも呪術師で負担緩和でき、銀アーマーの防御力でも十分耐えうる。リジェネ追加も有効。