名城番付 高取城のとある一日

第三回 名城番付(2018/05~):高取城のとある一日 難易度:難しい


 強敵:
・特になし

12名のネームドによる少数精鋭ミッション。導入ストーリーのカオスさ継続中。
蔵は殿左右に計4つ。左側がスピシュ城に

邯鄲(拳)・明石城(大砲)を挟みつつほとんどの敵が防御無視攻撃を行う。防御力より耐久(HP)が大事。最初の一点突破火力以外はむやみに巨大化せず回復と絡めていこう。配置順で被タゲを調整、コスト不足に陥らぬよう。

徐々に侵攻するネームドを順次撃破するだけ。ラッシュと呼べる頭数は出現しない。
歌舞(大坂城・鬼ノ城)アクティブ化、高島城・天童城移動開始後の攻撃対象の多さと歌舞による回復が不安要素。火力不足だと鈴への対空に遠隔攻撃を吸われるうち明石城が動いて危険な状態に。平弓へ攻撃力強化計略をかけて1体ずつ確実な撃破を。

明石城の攻撃を遠隔で受けると傷が深い。盾か槌による避雷針設置がベスト、無理なら石弓で引き受けよう。
大和郡山城・高取城の連携はそれほど痛くなく、先行する高取城を遠隔タゲ分散する前に倒しきれたらまず問題なし。
ラスト安土城が大変重い一撃を放つ。Lvが足りないうちは専用の高耐久避雷針を温存しておきたい。