白衣の錬金術師コリン

HP 攻撃 防御 攻撃速度 射程 魔法耐性 コスト 育成優先
C D D D D 0 D C

魔法耐性・ブロック数以外F~Sの7段階評価 ※第一覚醒完全成長時
()はスキル時、<>は覚醒スキル時の評価

関連緊急ミッション(現デイリー復刻):錬金術師と賢者の石
絵師:伊藤隆生(敬称略)

雑感

イベント産アルケミスト第1弾。
アルケミストは短射程物理範囲攻撃を行い、被弾した敵(巻き込み含む)に一定時間防御半減デバフを与える。覚醒後デバフ時間が少し伸びる。
自身の攻撃は常に敵防御半減でダメージ計算される。が、メインを張れるほどの威力/射程はなく、デバフ目的のサポート役となる場合がほとんど。

スキルは【範囲攻撃Ⅱ】。25秒攻撃範囲(射程でなく巻き込み範囲)が2.0倍に広がる。
デバフ付与できる範囲が広がるものの、やはり広範囲に物理攻撃できるユニットがいないと自身の火力寄与のみに終わる。同じ範囲強化可能な砲術士などがいると相乗効果を期待できる。

覚醒スキルは【理力の剣】。25秒攻撃力2.3倍、単体物理攻撃を行う。着弾速度が上昇。
普段拡散する攻撃を集約した単独のボス向き能力。他に敵がいるとタゲが散るため使いどころが限定される。

覚醒アビリティ【射程アップ】により射程+15、VHを若干上回る射程となる。短射程なアルケミストにとっては大きな差。

使いどころ

ブロッカーの傍へ配置、強敵削りの補助に。
短射程は狙いを絞りたい時に役立つ。貫通攻撃では射程が広すぎて他の敵をタゲってしまうシチュエーションでも安心。

レーレンとの比較

好感度ボーナスの差によりレーレンよりHPが300ほど高く、最終的に2,000を超える。必然的に被弾しやすいポジションでの運用となるのでこの差は侮れない。レーレンは防御力に優れる。

大きな差別化ポイントは他アルケミストを上回る射程。しかし大抵の場合ブロッカーと並べる都合上、この差が真に活きる機会は少ないかもしれない。むしろ他へタゲが奪われる要因となる可能性すらある。

コリンは攻撃系、レーレンは耐久向きのスキル。レーレンは多芸でお得感あり、コリンは割とスタンダードな攻撃一本のアルケミスト。
既にレーレン入手済み、かつコリン未所持の王子は現状新たにコリンを入手するメリットに欠ける。第二覚醒実装後に化ける可能性あり。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする