錬金講師レーレン

HP 攻撃 防御 攻撃速度 射程 魔法耐性 コスト 育成優先
D C C D D
<A>
0 D A

魔法耐性以外F~Sの7段階評価 ※第一覚醒完全成長時
()はスキル時、<>は覚醒スキル時の評価

関連緊急ミッション:アルケミスト・ドクトリン
絵師:ヤタバシイスカ(敬称略)

雑感

コリンに続くイベント産の白レアアルケミスト。
アルケミストは防御半減効果のある短射程物理範囲攻撃によるサポート役が基本。レーレンは攻撃デバフもこなすが覚醒スキルは全く別の役どころとなる。

スキル【弱化の秘薬】は最大20秒、敵の物理攻撃力を15%下げる。後述する覚醒アビリティと合わせて最大20%デバフ可能。
物理攻撃力のみを対象とするユリナの覚醒スキルやレーヴのスキルとは重複しない(効果の高い方のみ適用される)。ユリナの通常スキルや呪術師デバフなど攻撃属性を限定しないもの・別系統のデバフ(アビリティなど)は重複する。
攻撃範囲が関わらず、レーヴと違い再使用可能で使い勝手は良い。効果時間はやや短めなのでこれひとつに依存するよりは複数用意する耐久策のひとつとして。

覚醒スキル【霊薬テリアカ】は射程1.5倍になり範囲内の味方の状態異常を回復、さらに味方全員を回復する単発スキル。再動25秒とそこそこの回転率。
状態異常回復は今のところ麻痺からの復帰に使える程度。今後状態異常の種類が増えると需要が変化する可能性がある。
全体回復役として別の道を歩むことになる。物理攻撃力へのデバフが不要ならこちら。
どちらかといえば物理攻撃力デバフの方がレアである(個人の意見です)。習得は慎重に。

覚醒アビリティは【薬効強化】。自身の攻撃に攻撃力5%デバフが追加される。割合としては些少であるが複数の敵を抱えるアーマーや強敵に対して効かせると侮れない効果を発揮。
覚醒後は防御デバフ率が60%にup。

使いどころ

通常攻撃の防御デバフに加え、スキルや覚醒アビリティによる攻撃デバフ運用が基本。覚醒済み、かつ射程範囲内の敵ならスキル中はほぼ常時20%攻撃デバフ可能。呪術使い併用でさらに効果アップ。

常時敵の防御半減で攻撃できるとはいえ単体火力は期待できないクラス。メイジなどと比べて高耐久だが打たれ弱いには違いないので遠距離攻撃に注意してサポート役に徹しよう。

第二覚醒

第二覚醒先はマグヌムオプス。防御デバフ率が10%上昇して70%、攻撃の巻き込み範囲が1.3倍に。
射程が伸びるコリンとは違った形で攻撃チャンスが増える。デバフを狙いたい強敵にも雑魚ラッシュに対してもより力を発揮できるだろう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする