竜巫女エキドナ

HP 攻撃 防御 攻撃速度 射程 魔法耐性 コスト 育成優先
B B
(A)
C
<B>
E+ B 0 E B

魔法耐性・ブロック数以外F~Sの7段階評価 ※第二覚醒完全成長時
()はスキル時、<>は覚醒スキル時の評価

関連緊急ミッション:竜姫の復活 & 竜人の侵攻(復刻時)
絵師:一斎楽(敬称略)

雑感

イベユニ初のドラゴンシャーマン。現在はハクノカミに押されがちなクラスだがエキドナが初出であり、ゲーム初期(2013年11月開始の約3か月後)に実装されている。竜族ゆえ魔界で能力が低下しないのが大きなメリット。
平時はヒール、スキル時は防御無視の範囲攻撃を行う。行動速度はセイントと同程度(エキドナが数フレーム速い?)で未ccヒーラーより若干速い。
ヒーラーとして見た場合重コスト、メイジとしてなら軽コスト。いずれかの専業よりも兼業を考えて使いたいユニット。
最終的に攻撃力は700に迫る。単体回復力は伸ばせないものの白レアヒーラーとして見るとシーディスに比肩する高水準。

使いどころ

遠距離出撃枠の限られたミッションで回復・攻撃両方こなしたい時に有効。
打たれ強さを活用して他ヒーラーには不可能な場所への出撃も可能。

スキルは【破魔の炎】。15秒攻撃力が最大1.8倍、範囲魔法攻撃を行う。
効果時間が短いかわりに倍率高め。回復を犠牲にするため対ボス火力よりは物量で抜けられやすいラッシュの処理向き。

覚醒スキル【堅麟の癒し】は30秒エリアヒールとなり、範囲内の竜族(ドラゴンライダー系含む)ユニットの防御力1.4倍。
大抵の風水士を上回る回復力を発揮。しかし強力なイベユニ風水士も増えてきた昨今、防御バフが本体とも言える。元々防御の高いアーニャは特に大きな恩恵を受けられる。
オンリーワンな役どころを与えたい場合、防御バフのためスキル覚醒してヒーラーの道を歩むことになる。覚醒スキル中は密集地域への範囲攻撃なども支えやすい。自身の防御力も上がり、飛行黒デーモン程度の攻撃なら余裕で耐える固さに。

覚醒アビリティ【竜巫女の祝福】は竜族(同上)のHPと防御に5%の編成バフがつく。覚醒スキルとあわせての耐久強化に向く。

第二覚醒先はエルダードラゴンシャーマン。極神竜巫女と比べて基礎能力微増に留まるかわり、射程がccヒーラーなみに伸びる。さらに竜族へ魔法耐性+10の編成バフが追加。
出撃コストを除けば一般的なヒーラーと遜色なくなる。

ハクノカミの竜族バフに寄与できる(銅竜兵などではない)まともな戦力、というだけでも育てる価値はあるかもしれない。逆に竜族運用のない場合は・・・『堅いヒーラー』として育ててはいかがだろうか。