封印剣の使い手エレーヌ

HP 攻撃 防御 攻撃速度 射程 魔法耐性 ブロック数 コスト 育成優先
C C
(C+)
C B F 0 1 C B

魔法耐性・ブロック数以外F~Sの7段階評価 ※完全成長時
()はスキル時の評価

入手可能緊急ミッション:巨人殺しの剣

雑感

イベユニで初実装されたモンスターブレイカー。某進撃の影響を多大に受けている。
モンスターブレイカーはモンスタースレイヤー同様特定の相手に対する特攻にデバフを加えた近接兵種。エレーヌは巨人族、主に緊急ミッションへ同時登場したギガースに対する切り札となりうる。未覚醒段階では攻防とも500に届かないほど、ワンブロとしてはかなり抑えられた性能。(執筆時覚醒未実装)

スキルは【封印剣ミョルニル】。攻撃力最大1.5倍、巨人族相手ならさらに1.5倍、物理ダメージを最大60%減少。スキル終了後麻痺する。
被ダメージの割合減少は巨人に限らず役立つ。が、エレーヌ未覚醒カンスト時のHPは2,000に届かない程度であり、ヒーラー配備をサボるとスキル中でもやられてしまう。

覚醒前アビリティ【ジャイアントブレイカー】は出撃メンバーにいるだけで巨人族のHP10%、攻撃力20%を減少させる。
これにより一般的なギガースの攻撃力は 3,500 – 700 = 2,800 となり、複数同時出現時のブロック戦術に希望が見える。膨大なHPも1割減で
このデバフこそエレーヌの本体とも言える。育てなくともデバフだけは得られる、という意味で育成優先度はやや低め。

使いどころ

基本はギガース相手に立ち回ることになる。他の巨人敵にぶつかった時も思い出してあげよう。
スキル時物理ダメージ軽減を活かしてゴーレム等の相手も可能。未覚醒でもアイアンゴーレムや斧持ちメイドの攻撃力4,000に耐える数少ない存在。
複数やってくる強敵をアーマーで全部抱えたくない、というときに1体任せることもできる。割合軽コストでドラゴンライダーのような重量級ワンブロに頼らず済むのがメリット。

非スキル時の貧弱さから普段使いには厳しい。覚醒実装後の成長に期待。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする