英霊の守り手レシア

HP 攻撃 防御 攻撃速度 射程 魔法耐性 ブロック数 コスト 育成優先
B B C B
(S)
<S>
F 25 1 B B

魔法耐性・ブロック数以外F~Sの7段階評価 ※第一覚醒完全成長時
()はスキル時、<>は覚醒スキル時の評価

関連緊急ミッション:暗黒騎士団と英霊の守り手
絵師:44ron(敬称略)

雑感

黒レアワルキューレ……なのだが他のイベント産黒ユニと比べておとなしい印象。

ワルキューレの主な役割は敵撃破時のコスト回復。スキルの攻撃速度上昇は噛み合っている。しかし自身の攻防を強化する術をもたず、高難易度ミッションにおいては出番がなくなることも。調整によりスキル・覚醒スキルに攻撃倍率が追加された。
初期から25とエンジェルなみの高い魔法耐性を持ち、撤退支援もあり魔法避雷針として優秀。

使いどころ

セオリー通り雑魚を処理しながらのコスト役に。役割はペガサスとかぶるがこちらは足の速い敵へ足止めを要する際に有利。
魔法避雷針としても有用。覚醒スキルのリジェネを合わるとより耐えられる。

スキルは【閃槍連撃】。最大40秒攻撃力1.2倍、攻撃速度が上昇し攻撃後の待ち時間短縮。ほとんど待ち時間なしで連続攻撃可能となる。
レシアの攻撃が通る相手であれば無類の強さでコスト生産可能。反面、500以上防御力のある相手を抱えると途端に効率ダウンする。

覚醒スキルは【神速極光槍】。効果時間が30秒に短縮、敵撃破時コスト回復2倍とリジェネがつく。
再動25秒の早さでヒーラーをつけなくてもしばらく戦える。癒し手出撃禁止ミッションで出番がある、かもしれない。

覚醒前アビリティ【生還の祈り】はレシア出撃中のみワルキューレ系に撤退支援(死亡時撤退扱い)がつく。レシア出撃中のみ効果を発揮する点に注意。
覚醒後アビリティは【英霊の守り手】。ワルキューレ・ペガサスライダー・ドラゴンライダーのHPへ15%の編成バフがつき、撤退支援が同3兵種につく。
ペガサスはスキル発動前後の事故が少なくない兵種であり、撤退支援は有用……なのだが相変わらずレシア出撃中のみ有効。撤退支援のためにレシアを居座らせることが難しい状況も起こりうる。ご利用は計画的に。

第二覚醒

黒レアゆえ選べる第二覚醒先はレギンレイヴとゲイレルル。ともに出撃コストが3増え、出撃済みユニットがいない状態だと出撃コスト-3、増えたコストを打ち消せる。(ほとんど初手出撃時に限定される)

レギンレイヴはワルキューレとしての正当進化。能力上昇幅が大きい、とはいえ未覚醒ドラゴンライダー程度なのだがコストパフォーマンスが美点。魔法耐性が10上昇し避雷針性能に磨きがかかる。

ゲイレルルのステータス上能力はHPが若干増えるのみで未覚醒サムライと同じ2ブロック同時攻撃となる。直接の戦闘力強化を捨てたコスト役としての選択肢。

第二覚醒先により大きく使い勝手が変わる。真にワルキューレとして生かすつもりならレギンレイヴがいいかもしれない。
ゲイレルルは濃いめのラッシュに対応したいとき有効、コスト生産率も跳ね上がる。ただし対応可能な敵ランクは落ち、高Lv魔神降臨などでは戦力外となることも……