提督リーンベル

HP 攻撃 防御 攻撃速度 射程 魔法耐性 ブロック数 コスト 育成優先
C C
(B)
C B
<S>
F
(D)
<D>
0 1 B B

魔法耐性・ブロック数以外F~Sの7段階評価 ※第二覚醒完全成長時
()はスキル時、<>は覚醒スキル時の評価

関連緊急ミッション:死霊の船と提督の決意(デイリー復刻)
絵師:内有一馬(敬称略)

雑感

覚醒スキルが真価の大器晩成セーラー。イベント当時牧場系だったデイリー復刻組。
セーラーは平時1ブロック、スキル時0ブロック化し射程200の遠距離攻撃、覚醒後はスキル中範囲攻撃になる性質上晩成タイプが多い。攻撃系クラスだが総じて攻撃力自体は高くなく非常に打たれ弱い。魚人に対して特攻を持つ。
そんなセーラーの中でもリーンベルは同レアのビエラにも攻撃力で負ける。それでも彼女を強力たらしめるのはひとえに覚醒スキルのおかげ。

使いどころ

対集団の速射系火力として(スキル覚醒前提)。エンチャンターが準備できれば固い相手でも問題ない。意外と耐久ある金コウモリの群れを即座に倒したいときなど便利。高防御相手には分が悪いため、肉の壁……魔界ボアやギガースへの打点として。

スキルは【ソードピストル】。最大40秒攻撃力1.3倍で遠距離攻撃を行う。
申し訳程度の倍率はつくものの元々の攻撃力がひかえめ、未覚醒時は単体攻撃なのもあり活躍の場を見出すのは難しい。もし使うなら魚人特攻を活かしたい。
もし『遠距離ユニットに対空してほしくないけど地上敵は攻撃したい』といった状況が発生したら有効手となる。そんな状況が発生するか否かは、また別のお話。

リーンベルのコアともいえる覚醒スキルは【バーストピストル】。30秒攻撃後の待ち時間が長くなり6連射で攻撃。
範囲攻撃としては非常に高いDPSを叩き出せる一方、攻撃力倍率はなくなる。並の相手なら単騎で十分な威力だが魔神降臨や大討伐神級においてはダンサー・エンチャンターの併用が基本となるだろう。

覚醒アビリティ【射撃指揮】は編成するだけでセーラー系ユニットのスキル時間30%延長。
セーラーのスキルは長く持続するものが多く効果大。完全にプラスのようだがスキルタイミングのズレによる想定外は起こり得る。

第二覚醒先はアドミラル。打たれ弱さやや改善、攻撃力が50足らずの上昇。手数のスキルゆえ少々でも攻撃力が上昇する影響は大きい。
さらにスキル時間が30%延長、アビリティのスキル時間30%増加と合わせて覚醒スキルが48秒持続。メリットには違いないが第一覚醒時とスキル回転がズレるのは覚えておこう。