虚空の童に好手あり 絶壱

虚空の童に好手あり(2018/02~):絶壱 難しい


 強敵:
・象形兜

 対策:
・足止め

質より量で攻めてくるミッション。

開幕配置ですっかり包囲されている。
遠隔で応じると左下は大砲の反撃を受け、右下は象から被弾する。象1体目を倒しても同じ位置に象が補充されるため右下遠隔枠の使用は非推奨。

序盤は左下・右下・右上と徐々に侵攻ルートを増やしてくる。
中央蔵群を守るには多めの近接配備が簡単。押し寄せる前に遠隔で駆逐するにはより高戦力を要する。(範囲攻撃役が豊富なら難易度は下がる)騎馬は特に近接で対抗したい相手。

1Wave終了間際から初期配置の右下象が侵攻開始。
待機中の象なら中央寄りの遠隔や槍で事前撃破可能……なのだが終盤の1体は待機時間ナシで突き進む。そこだけ別途対処するなら足止めよりも槍が有効。

2Waveからは左上の侵攻もはじまる。ここは物量が少なく他より防衛役が弱くてもなんとかなる。
右上に鶴ヶ丘城が出現すると敵攻撃力up. 余裕あれば撃破したいが蔵防衛を優先すべき。

山形城は象同様足止めすればよし、しなくても通り道の配置枠をすべて埋めておけば蔵は守れる。山形城が中央に達するころ、(生存していれば)鶴ヶ丘城が画面外へ去る。
ラストラッシュの飛行敵と騎馬により蔵が被弾しやすい。火力や人員の不足は計略で補おう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする