混血の狩人フラン

HP 攻撃 防御 攻撃速度 射程 魔法耐性 コスト 育成優先
B
(A)
<A+>
C
(B)
<B+>
D
(C)
<B>
A D 10 c S

魔法耐性以外F~Sの7段階評価 ※第一覚醒完全成長時
()はスキル時、<>は覚醒スキル時の評価

雑感

フーリの上位互換と言って差し支えないVH。覚醒で攻撃回数が4回に増えるため伸びしろは大きい。
フーリに劣るのはコスト・スキルの倍率(未覚醒スキルのみ)と回転率。地力の差で大きく勝り、実用面で困ることはまずないだろう。

スキル【呪われた血脈】はHP・攻撃力・防御力を最大1.5倍に強化。火力運用はもちろん、近接ユニットまたはヒーラーが出せない状況下の避雷針として大変心強い。
MaxHPではなく発動時のHP量をもとに倍率がかかる。避雷針として利用の際は被弾前のスキル発動が吉。

覚醒スキルは【バーニングブラッド】、持続時間が5秒短縮、回転率がやや落ち倍率が1.8倍に上昇。
倍率差の0.3倍で攻撃力100以上の差が出る。他ユニットのサポート含む対ボス火力運用(後述)を見据えるならぜひ習得すべき。

覚醒アビリティは【魔法耐性】。避雷針性能がアップする。
火力に一切関与しない、運営のバランス取りが感じられるアビリティとなっている。

使いどころ

基本はVHの本分であるアンデッド相手。なのだが第一覚醒カンスト・王子バフ込みで攻撃力は500を超え、割と相手を選ばず働ける。

高DPSによる強化戦術が有効。フラン自身の育成が十分ならスキル+エンチャンターによる魔法化だけでも充分な威力を発揮できる(ダンサーがつけば尚良し)。
ただし射程の短さから、遠距離範囲攻撃を相手どるには少々厳しい。その折にはルマリアを同伴させるとエリアヒールで回復不足を解消、さらにルマリアのアビリティでVH系バフがかかりいいことづくめ・・・かもしれない。あくまで回復の間に合う相手にとどめるようご注意いただきたい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする