吸血鬼狩人フーリ

HP 攻撃 防御 攻撃速度 射程 魔法耐性 コスト 育成優先
D D
(C)
E A D 0 B S

魔法耐性以外F~Sの7段階評価 ※完全成長時
()はスキル時の評価

雑感

銀ユニ屈指の強さを誇るヴァンパイアハンター(VH)。ストーリーミッション『砂海に潜む魔物』のドロップコンプリートボーナスとして確実に入手可能。
クラスチェンジ素材としてもう1人フーリを要するので早めに2人目を入手したいところ。未cc段階では攻撃回数が少なく(2回)、残念ながらその強さを発揮できない。育成の優先度は高いがccできる目途が立ったあとでよい。

VHは攻撃回数が多く、アーチャーと比べて短射程・低攻撃力・高DPS(Damage Per Second 時間当たりのダメージ量)。低防御の敵にはめっぽう強く、高防御にはとことん弱い兵種。
兵種特性としてヴァンパイアだけでなくアンデッド全般に対して特攻がつく。これを活かしての立ち回りが基本。

スキルは銀ユニのスタンダード、【攻撃力強化Ⅰ】。ひかえめ倍率だが手数で攻めるVHにはアーチャーよりも高い効果を得られる。

アビリティは【状態異常無効】。フーリを強ユニたらしめる要素のひとつで毒沼ダメージや麻痺を無効化できる。猛毒・超猛毒問わず無効、ヒーラー負担緩和に貢献のみならず単騎で活動可能。

使いどころ

拠点が一箇所のミッションであれば、周辺に彼女を配して序盤を任せられる。赤ガーゴイルにはスキルを使わないとやや厳しい。足の速い狼などはきっちり足止めしよう。
特攻でリッチやスケルトンキャバリアなどは素早く沈められる。同時出現があり得るリビングアーマーなどは苦手なので魔法火力も同伴しよう。
やはり肩書きと二つ名通りにヴァンパイアを狩っていただくのが最もハマるのだが、総じて高耐久なヴァンパイアが複数同時にやってくると少々役不足と感じざるを得ない。ビショップと組ませると安泰。

アビリティを活かし、遠距離攻撃で麻痺を付与する黄色い忍者に対して避雷針として出撃すると他へ被害の及ぶ心配がない。(ほかの忍者も含めた集中砲火でやられぬよう注意)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする