忠義の死角 絶難

忠義の死角(2017/08復刻):絶難


 必要ユニット:(動画プレイ内)
・近接3~4 中央近辺は槍、右上は刀か槌おすすめ
・遠隔通常火力2~3 中央は長射程がベター
・法術1
・鶴ヶ丘城 または他の攻撃バフつき歌舞

 強敵:
・引田城(&一緒にやってくる法術)
・一ノ谷形兜(四つ足)と象
・大量の大砲

 対策:
引田城
・被弾がバラけるよう、引田城がやってくる左から右へ順にユニット配置
防御無視攻撃ゆえバラけさせても耐えるのはかなりつらい
一ノ谷形兜と象
・1Waveラストの四つ足は法術ひとりで処理可能。
右から現れ左上へ進む象は蔵を叩かず蔵防衛組のみ叩かれる。素早い部隊再展開が可能なら一時撤退も良い
本陣側到達後は後続の敵もあり法術だけでは手が足りなくなりがちだがド真ん中配置の遠隔が中央上~右下の道に届けば蔵へ到達される前に処理可能
大量の大砲
・中央左の蔵が非常に壊されやすく、歌舞の範囲に近接置くだけではまず守り切れない
トークン駆使で守り切るか、歌舞の配置換えをして蔵を守り切れるところまで近接配置を前線にもっていく

 1Wave
序盤から落城のないようつとめるのが大変なミッション。最初に鶴ヶ丘城巨大化で攻防upするとよい。すると右下の蔵防衛役は案外温存できる。
引田城とともに白法術が殺到したら巨大化回復とトークンで耐える。後続兜もやってくるがインターバルあり処理可能。逆に言うと、後続に到達される前に引田城を処理できなければ攻略は厳しい。

 2Wave
右上蔵防衛を要する。配置枠がみっつ並び、中央枠は遠近どちらでも可能なので、ここはある程度丈夫で火力高い遠隔を置きたい。三原城置いて鈍足発動してしまうと被弾が増すためNG(早期に最大化しなければ問題なし)。
左下からの大砲による蔵攻めが苛烈になる。最初のうちはトークンでしのぎ、後半は右下蔵防衛近接を配置換えして守る。動画ではかなりギリギリのためアレより早いタイミングで撤退すべし。