天下統一 不意の凶弾 ~河内~

天下統一:不意の凶弾 ~河内~(2017/11追加)難易度:難しい


 強敵:
・明智光秀

 対策:
・空蝉回避
・トークン受け

蔵防衛がかなり難しいミッション。蔵防衛前提で配置を決めやすいと言えなくもない。
まず必須なのが中央やや左蔵の上下近接。もし適役が居るなら下の近接は槍にして上へのサポートもしたいところだが堅さも求められるポジションであり、なかなか難しい。上近接は被弾が多く、歌舞や計略による回復つきでも終盤居座りが困難。
中央上蔵は防衛を兼ねて足止めのほしいポジション。しかし足止めに頼るばかりで火力が足りないと一ノ谷形兜に蔵ごと圧殺されかねない。近づかれる前に倒すのが基本。
他の下側蔵は必ずしも蔵のそばへ立たねばならないわけではない。やはり蔵前で待つよりは率先して倒しに行くべき。

1Waveは右からのみ侵攻。しばらくは質より量のラッシュをさばきながらの布陣となる。終盤に攻めてくる明智光秀からの被タゲを意識して配置すること。あとから避雷針近接再配置でも問題なし。
最初から右上小屋前に居座る一ノ谷形兜は弓などで普通に削っていると倒しきれないおそれがある。ここは法術よりも鈴が効果的。

2Waveから左側の侵攻がはじまる。蔵上下の近接は上→下と配置するとスナイパーの遠距離攻撃を散らせる。かなりキツいポジションゆえ出来る限り負担を減らそう。
1Waveおわりから右側入口へ居座る佐竹式の遠距離攻撃を繰り出す兜は、範囲内の対象すべてを攻撃する。戦線崩壊に十分たる威力なので必ず事前撃破を。
右上小屋から再び一ノ谷形兜が現れる。待機しないため鈴による撃破は苦しい。中央上遠隔に杖や法術がいると処理しやすくなる。

3Wave開始からほどなく右上の道から佐竹式毛虫形兜出現、遠隔タゲを奪う。さらに竹束兜まで登場して撃破が遅れる。計略を駆使して竹束の耐久を上回る火力で押し切るべし。山城でもあり計略・特技ともに攻撃力強化可能な岡豊城は大変優秀。
配置によっては右側スナイパーが右下蔵を狙う。蔵への入り口に立つだけでは蔵狙撃を防げず、ひとつ右に寄せると中央歌舞が届かない。再出撃の早い低レア御城が充分育っていると歌舞の支援ナシでも防衛しやすくなる。
スナイパーと前後して耐久力のある騎馬兜が1体、右から中央下の蔵めがけて突撃する。他にほとんど敵の来ない蔵へ近接を立たせるのはもったいないので近接トークンによる防衛か、右側での足止め推奨。
Wave終了前に右上小屋から3体目の一ノ谷形兜。他に攻撃を吸われるタイミングではなく、ここは難なく倒せる。それよりも左側の蔵上近接の消耗が激しくなる頃なので要チェック。

4Waveは騎馬兜の侵攻激しく、開幕早々左から1体、まっすぐ殿へ突撃してくる。殿までに足止めできないときは鈍足・ダメージ計略などを準備しよう。
同じく開幕、右側には佐竹義重っぽい攻撃の兜が再び、しかし今度は2体居座る。殆どの場合、2体のうち後方の1体に届く攻撃は遠隔ひとりだけ、それも上の小屋から現れる敵や佐竹式毛虫形兜を優先してしまい動き出す前の撃破が難しい。鈴に攻撃力強化計略をかけ続けると他へタゲを奪われることもなく削れる。ただし十分鍛えた鈴でないと倒しきるには至らない。

そうこうしてるうちに右から左から騎馬兜が攻め寄せ、ついには左右各2体の計4体、一ノ谷形兜も同時侵攻。合流地点に集まったところをなんらかの計略(ダメージ系・停止系)でまとめて叩くと良い。回復が歌舞のみだとこのあたりで左蔵上の近接が限界を迎える可能性大。
騎馬4体処理後、右側に居座っていたポスト佐竹が動き出し、同じく右から竹束に守られ明智光秀登場。射程はかなり長く、序盤の配置順をミスっていると撤退の間もなく遠隔がやられる。第一の避雷針撤退後も見据えた配置順としておきたい。
光秀は以前登場した際の三連射ではなく、一撃が重く速度は遅めのタイプ。トークンで引き受けたり低レア空蝉回避すると回復の心配がない。

左から流れ込む物量がすさまじいことになり損傷著しい。よほどゴリ押せない限り岩国城のお弁当が必須。最後に騎馬が2体突っ込んでくるので計略を使い切り対処できない、なんてことのないよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする