轟きし巨兵の地響き 神級EX

轟きし巨兵の地響き(2021/05復刻):神級EX

【字幕有】轟きし巨兵の地響き 神級EX【千年戦争アイギス 英雄王+イベユニ】

 強敵:
・オリハルコンゴーレム

 拠点:
右下1箇所

比較的新しい大討伐の神級EX。
恒例の大物は腕がユニットとして自立しているスーパーゴーレム。本体は400過ぎまで動かず両腕が中央~左上側を支配。
道中をソラス進行しているだけで溶ける程度、強敵とは言い難い。

~100体

半数がクリスタルなWave。もう半分はウッド・メイド・ストーン(小)各ゴーレム。
物量豊かなのはいつものことだが序盤早々に地上と飛行が同時に押し寄せる。ソラスだけでは地上が疎かに。
範囲拡大できる範囲攻撃があると便利。スキル中は防御無視攻撃のゾラなど刺さるかもしれない。

右上から左下へと繰り返し腕が飛び周辺を攻撃、飛行ルート沿いが被弾。中央を突っ切る腕は速射攻撃で被弾域に援軍ソルジャーなど置いてると瞬殺される。耐えるなら防御800程度欲しい。

~200体

エレメンタルWave。
左遠距離枠が169~170体目のアースエレメンタルから被弾しやすい。事故注意。避雷針が立ってないとアイスエレメンタルもやや危険だがソラスがチャージできていればなんてことはない。

~300体

クリスタル・ゴーレム・エレメンタルをバランスよく配合。斧メイド出現。
飛行のサンダー&エアーエレメンタルを遠距離勢が狙ってる間にアースエレメンタルの侵攻を許しがち。魔法陣出口側の迎撃態勢を整えておこう。アンブローズで一網打尽もよし。

~400体

後半アイアンゴーレム1体登場。
下へロケットパンチを撃ち込まれると大惨事になる。出現位置正面で受けるか、ブロックするまで攻撃を控えるべし。

~ラスト

オリハルコンゴーレムを筆頭に、いくつかの課題が生ずる。

ミスリルゴーレム

439体目から間隔を空け2体、1体、2体の順で右上建造物から出現。ロケットパンチの脅威が付きまとう。
EX補正により近接攻撃力10,000をわずかに超え、料理人強化を経ても大抵のユニットは耐えられない。コスト100注ぎ込んだトラムで正面からやり合うか、ロケットパンチを撃たせつつ遠距離攻撃で倒しきることになるだろう。

エレメンタル

451体目から始まる左下からのエレメンタルラッシュ。注意すべきは主にウォーター&ダークの火力と、ブロックできず遅延なしでは抜けられがちなエアー。
オリハルコンゴーレムの存在によりソラスのような広域マルチロックは使えないはず。といって攻め込ませて本陣に貫通範囲攻撃をもらうのもまずいため、左下にて範囲攻撃で倒しきるのが望ましい。

大量メイドゴーレム

↑のエレメンタルを追いメイドが計15体。うち4体が魔法陣ワープ。
動画はフーコを用いているがこれにエンチャントをかけても倒しきるにはまるで足りずに抜けられる。
数こそ多いが密集しておりアージェ覚醒スキルで一網打尽にできる。ひとりで倒しきるわけにもいかぬがアルヴァもよし。

オリハルコンゴーレム

メイドが魔法陣へ入りはじめると同時にこちらも魔法陣へ移動開始。
遠距離マルチロックの威力がかわいいレベルの近接攻撃をお持ちで、フル強化トラムでも耐えられない(防御バフ次第?)。耐性も高く、貫通超火力のアージェが輝く。昔と比べて相当倒しやすくなった。

・遠距離攻撃されながら倒す
ほとんどの遠距離ユニットは耐えきれないから近接中心で攻めるか、紅牡丹などで吸い込み回避。吸い込み必須になるがアンブローズトークンの移動速度低下が効果的。

・不死スキルでブロック
イモータルプリンセスアナトリアなど。
あくまで上記紅牡丹と同じ時間稼ぎ手段であり火力は頼りない。

・回避/無効化
手数の少なさを利用するプラン。100%のユニットが居れば安泰だがシプリアやアカネ、ケットシー(幻想召喚士トークン)の90%回避でも充分時間を稼げる……多分。

・停止
アンブローズやスーシェンでもいいしエンチャンターでも止められる。エンチャンターが2人も居たら十分な停止時間が得られる。止める間にアージェで撃破がらくちんである。

どうでもいい話だが24~36秒も停止させられたらどんな相手でも勝てる。(ちび)スーシェンは恥じ入りながら使おう。

コメント