錬金調合師ニコル


rader chart

HP 攻撃 防御 攻撃速度 射程 魔法耐性 コスト 育成優先
D B
(A)
E E D
<A>
0 D B

魔法耐性以外F~Sの7段階評価 ※第一覚醒完全成長時
()はスキル時、<>は覚醒スキル時の評価

関連緊急ミッション:アルケウス・アルケミスト
絵師:甘露アメ(敬称略)

雑感

イベント産黒レアアルケミスト。

・遠距離クラス【アルケミスト】
短射程で物理範囲攻撃を行う。攻撃または範囲攻撃がヒットした敵の防御力を一定時間半減。覚醒後、防御力減少割合と効果時間増加。
大幅防御デバフによる物理火力サポートが標準的な仕事。ほかに特殊効果スキルを持ち、短射程の低稼働率を補える者が多い。

クラス自体がそもそもニッチ需要で汎用性は低め。だったのがニコル固有の高い金策能力でそこそこ出番を得られる。(他の手持ち金策要員による)
裏を返せば戦力リソースの一部を金策に割かれてるワケで、本戦力としては一歩引いた場所にいる。

使いどころ

ゴールド稼ぎと遅延役。

スキル【貴金属錬成】は最大10秒攻撃力2.4倍、敵を倒すとゴールドを確実に入手できる。
GG界隈では大変強力な能力、確定GG範囲攻撃が可能。持続の短さは惜しいがそれでも余りある恩恵が受けられる。常設では曜日ミッションの空ゴミ空からの贈物など稼ぎどころ。それなりに鍛えてやらないと黒ガーゴイルを落としきれない。

覚醒スキル【停滞の秘薬】は20秒射程1.5倍、射程内の3体までの敵に短時間敵の動きを停止させる攻撃を行う。
中規模の集団遅延に。
いくぶん向上したが長持続とはいえず。これをメイン遅延役とするよりはウィッチや天狗・風伯らをフォローする存在になろう。

覚醒前アビリティは【活力の秘薬】。出撃人数に含まれずコストを生産するトークンを使役。
覚醒後アビリティは【ルペドの秘薬】。出撃人数に含まれずコストを生産するトークンを使役、トークン射程内の味方の防御力が1.2倍。
攻撃能力・ブロックともにゼロの近接トークン。初期所持数3、バフ射程250。マキナのスチームタンクと違って壊れやすい。
ソルジャー他の『徐々にコストが増加する』能力と比べてかなり弱く、出撃コスト7使って得するほどの生産量にはならない。ミッション中盤以降の防御バフとして。

好感度150%ボーナスは攻撃硬直-17%。覚醒スキル運用やGGで中堅レベルの敵を狙うなら上げておこう。

第二覚醒

ロードオブヘルメス

射程+15、スキル効果時間30%増加。攻撃力の伸びが良い。
いずれも強力スキルゆえ射程と持続upは有難い。基本はこちらで良いだろう。

マグヌムオプス

防御デバフ割合が70%に上昇、攻撃の効果範囲が1.3倍。
『固まった敵集団』を意識すると効果範囲増は魅力的。
デバフ割合も高まるものの、これは他のアルケミストにも任せられる。
狭い想定であるが、大きい範囲に固まった敵集団相手に特化したいならこちら。

コメント