戦乱渦巻く錦帯橋 絶弐難

戦乱渦巻く錦帯橋(2018/05復刻):絶弐 難易度:難しい


 強敵:
・象形兜
・岩国城

序盤は一ノ谷形、後半は象からの蔵防衛に難儀するミッション。
敵出現は左上からがいったん画面外へ出て左下から侵攻、右下から橋を渡ってから左右に分かれるもの、特に左上からの象がメイン課題。
蔵防衛の要となるのは左蔵前と右下橋先のT字周辺。右下の橋を渡った敵を左右に分散させず倒せると効率が良い。同ポイントへの範囲攻撃集中推奨。
左下は足止めよりも象が蔵へ寄る前の撃破を目指したい。足止めしても遠隔タゲが上側へ取られて下側が長期戦、果ては崩壊の危険がある。盾など使うならアイアンリングや回復計略の併用がおすすめ。

開幕、一ノ谷形兜5体が中央で十字に並び、中央の1体周辺を兎形兜がマラソンする。
兎形の領域には遠隔しか置けず単体攻撃では一ノ谷形兜をタゲってしまい、ヘタに置くと兎形に即潰される。輪の外から大砲(標的は一ノ谷形兜)の範囲巻き込みで露払いがお手軽。しかるのち防御無視攻撃できる兵種で一ノ谷形兜を殲滅すること。動き出すまであまり猶予がない。
最序盤は左上からのみ、1Wave中盤から右下から侵攻開始。まだ象は出てこず蔵防衛を気にするだけで良い。

2Wave開幕、左を攻める古桃形騎馬が地味に強力。蔵防衛近接が事故らぬよう回復をしっかり。
左上象が最終的に3体連なって現れる。鈍足特技、攻撃力強化やダメージ計略を駆使して早期撃破を。離間計略があると難易度緩和。

3体象の後ろから岩国城出現。鳥に運ばれ中央へ移動、下からコの字を描いて殿目指す。
右上蔵並びへ到達前の撃破 or 足止めを要する。こちらは象よりも長期戦としやすく足止めが有効。足止めナシなら法術などによる鈍足が欲しいところ。
近接ならほどほどのダメージで済むが遠隔は痛手を負う。落城前の撤退を。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする