太公望

HP 攻撃 防御 攻撃速度 攻撃範囲 魔法耐性 ブロック数 コスト 育成優先
S C
(B)
<A>
B C C 10 0 E S

魔法耐性・ブロック数以外F~Sの7段階評価 ※第一覚醒完全成長時
()はスキル時、<>は覚醒スキル時の評価

入手可能緊急ミッション:神算の太公望

雑感

第一弾がイベユニで実装された新クラス・真人。仙人属性持ちで能力も似ている。
通常攻撃がフーコや天狗と同じ鈍足付与、ただし射程は未覚醒時はヴァンパイアハンター、覚醒後はメイジと同程度。攻撃力も平時はフーコには及ばず。

真人の真価は『射程内の味方が受けるダメージを一部肩代わりする』能力にある。
肩代わり率は3割程度。多少の遠距離単体物理攻撃なら高防御の太公望自身が引き受けたほうが被害の少ないケースも起こり得る。
これまでになかったタイプのイベユニで、無課金で遊ぶ王子も戦術の幅が大いに増す。

スキル【打神鞭】は攻撃力最大1.5倍、発動中はリジェネ(自動回復)がつく。回復速度はゆるやかだが大ダメージを肩代わりする状況においては大きな助け。

覚醒スキル【新・打神鞭】は攻撃力3.0倍、攻撃の待ち時間増加を代償に範囲内の敵すべてを攻撃、リジェネも健在。
単体敵の足止めは弱まってしまうのが難点で、その用途なら非スキル状態の攻撃推奨。攻撃能力が圧倒的に高まりスキル回転率はやや落ちる。

覚醒アビリティは【霊獣の恩寵】。仙人・仙猿・太上真人系のHPへ5%の編成バフがつく。太公望自身含め耐久力を求められることが多い系統であり噛み合いが良い。

覚醒後は射程が上昇。基本ステータスの伸びも良いので積極的に覚醒してあげよう。

使いどころ

鈍足を要する敵、特に地上敵と飛行敵が混在する戦地における地上敵(ウィッチが飛行敵を攻撃してしまう)に対して役立つ。火力としては期待できないものの無効化されないのがありがたい。

0ブロックと高HP・高防御を活かしての避雷針能力も高くファー以上に耐えてくれる。

しかし太公望自身が攻撃を引き受けるよりは『ダメージの肩代わり』がメイン。風水士起用で回復効率アップ。
被弾者のHP減少状態をキープしやすいことからダークファイターとの相性抜群。アヴェンジャーも可だが基本的に防御の低い兵種ゆえ超火力相手の長丁場は難しくなる。短期決戦したいときに。
範囲攻撃はもちろん毒沼などの持続ダメージも肩代わりする。太公望自身もダメージを受ける際は特に回復不足注意。

回復不可能なユニット・トークンのダメージも肩代わり可能。これによりエデンランファ・カルマやケットシー等自滅系トークンの運用に新たな活路が見出せる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする