魔界大戦・序章 神級

魔界大戦・序章(2018/02~):神級
・魔界:味方の攻撃力と防御力が半減
・コストの自然回復/EXP/ゴールド/ドロップなし
・ライフが0でもミッションクリア


 強敵:
・クロコ

 対策:
・高HPユニットで抱えて重介護
・スキル覚醒アナトリア

デーモンにオーク、新型の大きな影の魔物・竜人クロコを相手取る大討伐ミッション。
舞台は魔界だが魔界審判ガードのはからいで撃破300あたりまでは敵側も弱体化するのだが、初期コストで神器装備の王子や皇帝出撃で能力半減を打ち消すのが無難。

100体目までの敵はデーモン系、ワームがちらほら。すべて右拠点めざす。拠点前のT字路へワルキューレやペガサスを配するとコスト効果大。左側も同様。物量で押し切られるのを警戒する程度。

撃破100~200はオークのターン。
撃破100過ぎて最初のオーク行列がすべて左へ侵攻。HP半減で駆け出すオークの抱え役と範囲攻撃で対応しよう。以降のオーク行列は左右へ分散するので比較的楽。

撃破200以降はデーモン・オーク混成部隊となる。
撃破280過ぎのハイオークと勇士オーク、勇士は待機中を撃破できるがハイオークに待機時間はない。速攻で倒せないと途中でガードの弱体化がなくなり落差にびっくりすることになる。ケラウノスが届けばまず問題なし。

撃破330ごろ、上から影の魔物登場。最初の大小混合はすべて左へ、大物のみの行列は左右にわかれる。
高魔法耐性の影はデモンサモナー・ペガサス・フーコなどの攻撃範囲内にて多ブロで阻止するといい。サムライも良いが単騎で処理しきれる物量ではない。

400体目に突入すると上から2体、右から2体のハイオークがオーク行列に混ざる。高防御で1体ずつ抱えるか、抱えず高火力で倒しきる。防御強化や回避可能な、充分育てあげたアーマーやサムライでない限りはひとりで2体以上ブロックは避けるべき。

撃破420ごろ、左上からデーモンワームが右拠点へ、中央下の建造物からオークシーフが最初は左、途中から左右へ割れそれぞれ大量に湧く。
先行するワームによりオークシーフに対して後手になりがち。ワームだけでも相当な数ゆえサムライの同時攻撃や範囲攻撃で素早く倒すこと。オークシーフの火力も侮れない。

撃破440前後、右から旗手ハイオーク出現を皮切りに右側建造物ふたつからのオークメイジラッシュ。HP半減でマルチロック化するため対処法によっては致命傷をもらいかねない。範囲攻撃でまとめて焼くよりも1体ずつ順に撃破が〇。

メイジが出尽くすと右からハイオークライダーx2が現れ旗手とともに待機。その間をぬって通常のオーク・オークシーフ・オークメイジのトリオ3つぶんの行列がゆるゆる来たのち、勇士オーク・ハイオーク・ハイオークシーフ・ハイオークメイジ・勇士オークの勇士サンド。最後尾の勇士だけ待機する。
旗手が残ってると通常オークでも脅威になりうる。もろい遠距離ユニットがシーフの的にならぬように。
勇士含むハイオーク軍団にはケラウノス推奨。待機していた旗手やライダーなどもまとめて焼ける。

右にハイオークライダーが現れるころ、左からは飛行黒デーモンx2と、ガードが居た高所からクロコが顔見せ。直近の近接枠は遠距離攻撃対象となるので注意。
さらにデーモンレディ・グレーターデーモン(素手)が2体ずつ湧くがグレーターデーモンの耐久以外は問題にならないだろう。

撃破475ごろ上から再び影の魔物、今度は最初から大型のみで左右へ散る。対処法は変わらないがグレーターデーモンにブロック数を取られるぶん抜けられる危険が増す。
影の進軍とともに新規2体を加えた飛行黒デーモンx4がクロコとともに動き出す。
中央にヴェルティガいると飛行黒デーモンはほとんど落とせる。
問題は強烈な強さのクロコ。

VSクロコ

クロコは遠距離攻撃時そこそこ射程のあるマルチロック、近接は攻撃力3,000の魔法攻撃を行う。
セオリー通りに戦うなら高HPの近接で隔離ブロック&重介護。強めのヒーラー3人に呪術師が居ればまず問題ない。
面倒がないのはアナトリア覚醒スキルによるタイマン勝負。しっかりスキルタイミングが合えば単騎で撃破可能。育成済みの王子はお試しを。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする