私掠船長サブリナ

HP 攻撃 防御 攻撃速度 攻撃範囲 魔法耐性 コスト 育成優先
C B D D
(A)
<S>
A 0 C B

魔法耐性以外F~Sの7段階評価 ※第一覚醒完全成長時
()はスキル時 <>はスキル時の評価

雑感

デイリー復刻『私掠(しりゃく)船長と魔の海域』で入手可能なパイレーツ。スキル・覚醒スキルともに手数で攻めるタイプ。あくまで私掠であり海賊行為ではないらしいが元海賊らしい(全年齢版好感度エピソード参照)。

未覚醒段階ではバシラをそのまま海賊にしたような使用感。スキルの手数の多さゆえだろう、同レアリティパイレーツのベアトリカより攻撃力で一段劣る。

スキルはおなじみ【トリプルショット】。一応バシラのスキル上げにも利用可能。速攻がきくほか、三連発それぞれにもしっかり鈍足効果付与するのがポイント。
この系統のスキル共通の特徴としてスキルレベルにかかわらずスキル効果が一律15秒なのも、スペックアップが難しいゲーム序盤においてはメリットといえよう。

覚醒スキルは【ユニゾンバレット】。持続時間が10秒に短縮、回転率も大幅に悪化するが最大5体のターゲットへ一斉に3連射を放つ。対ラッシュ性能は申し分ない・・・が、持続の短さが問題。より使う場所を厳選すべきスキルとなる。

覚醒アビリティ【コルセアの強襲】でサブリナ出撃中のみセーラーとパイレーツの出撃コストが-3される。ヘレナのアビリティとの相性が抜群に良い。

最終的に集団戦へ特化した能力となるため、その用途として育てるのがよい。

使いどころ

比較的コスパ良く、軽コストでラッシュに対応せねばならないときに猛威を発揮。覚醒スキルなら集団に対してもそれなりに足止め可能。ボス級の敵を叩きつつ周囲の敵を撃破、他火力の対ボス打点確保にも。

高防御相手だと威力を発揮できないのは速射系共通の弱点。
ダンサーやエンチャンターなどによる付与効果が高いのも速射系共通。サブリナの場合は一撃に最大15発判定があるためその傾向が顕著である。
弓矢と違って無効化されない特性を利用して高防御相手に無理やりダメージを通せる。しかし大抵の場合はそんな方法で削るよりも魔法攻撃が有効。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする