闇の女王の戯れ

ドルイドの巫女姫(2017/11復刻):闇の女王の戯れ 神級


 強敵:
・ドロテア

 対策:
・トークン避雷針

聖霊神級同様の流れ。NPCププルがおらず敵にドロテアが追加される。

序盤からマンティコアが2体、右へ左へ駆けまわる。
マンティコアはHP半減前は麻痺攻撃(6回受けると12秒麻痺する)、HP半減後は麻痺攻撃がなくなるかわりに攻撃力・攻撃速度が上昇。厄介な特性であるがある程度は遠距離で対処可能……なのだが動き続けるため攻撃が散り気味、倒しきるには強めの火力や鈍足を要する。DPSの高いVHは有効手。
オーラをまとう各種ダークエルフも最序盤からちらほらやってくる。アヴェンジャーだけはヒーラー陣が整うまで近接で抱えず火力スキルで迅速に処理を。
撃破4あたりでマンティコアがアヴェンジャーを追い越し、早くも右拠点へ攻め込む。事前に撃破出来ればベストだが無理なら足止めを。
2体目のマンティコアが左拠点へ向かうまではかなり猶予がある。こちらも迎撃態勢を整えておこう。タイミングを調整すれば2体とも覚醒王子スキルで処理可能。

撃破10前後から約40体の黒ゴブ大群襲来。最も厄介な弓は少なく左右から1体ずつのみ。もろいユニットが狙われそうなら差し込み要員を準備すること。怒涛の数に圧倒されるが範囲攻撃が居れば抜けられることはないだろう。

黒ゴブラッシュを終えると再びマンティコアが、今度は4体駆けまわる。さらに画面右からドロテアが姿を見せ、ダークエルフも再度襲来。特にアヴェンジャーの数が多い(マンティコア後に登場する1体を含めて5体)。近接が事故らぬよう、危なそうなら撤退を。悠長に抱えるよりも遠距離または高火力で一気に倒しきるのが危なげない。アーマーで抱えて範囲攻撃でまとめて倒す戦術を取る王子は特に注意。

ドロテアが動き出す頃には数体倒せているはずだが、時を同じくしてマンティコアが拠点へ攻め込む。麻痺攻撃にせよ発狂後にせよ近接1人で複数抱えるのは危険この上ないので、どうしてもまとめて抱えるときは覚醒王子スキルなどを充てよう。
ドロテアは速度遅く高威力の単体魔法攻撃を行う。特にマンティコアが処理しきれないうちはトークンで足止め、損害を食い止めると良い。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする